ポルトガルの自転車専門誌編集長が特別寄稿トレックの新型ロードバイク「エモンダ」の走りを体感 弾むように上る超軽量マシン

  • 一覧

 TREK(トレック)が7月1日に発表した超軽量ロードバイク「Émonda」(エモンダ)。記者は、そのワールドプレミアとなる発表会に出席したものの、身長159cmに適したバイクの手配が難しく、翌日の試乗会でライドの機会を得られなかった。そこで、メディア仲間であるポルトガルの自転車専門誌「Bike Magazine」「Ciclismo a fundo」のカルロス・ピント(Carlos Pinto)編集長に試乗記の寄稿を依頼し、快く応じてもらった。以下、ピント編集長によるファースト・インプレッションをお届けする。(編集・柄沢亜希)

世界中のサイクル・ジャーナリストによる「エモンダ」の試乗会が行われた (©TREK)世界中のサイクル・ジャーナリストによる「エモンダ」の試乗会が行われた (©TREK)

発表会では「エモンダ」の詳細な説明にジャーナリストたちが耳を傾けた (©TREK)発表会では「エモンダ」の詳細な説明にジャーナリストたちが耳を傾けた (©TREK)
「エモンダ」を熱心に撮影するカルロス・ピント編集長 (©TREK)「エモンダ」を熱心に撮影するカルロス・ピント編集長 (©TREK)
トレックのオーダーシステム「プロジェクトワン」によってさまざまなカラーに塗装された「エモンダ」のフレーム (©TREK)トレックのオーダーシステム「プロジェクトワン」によってさまざまなカラーに塗装された「エモンダ」のフレーム (©TREK)

◇         ◇

上りで本領を発揮 高速巡航も得意

 エモンダは、とても軽量で反応がいい。上り坂では特にその本領を発揮し、急勾配でも軽さやフレームの剛性ゆえ弾むように上ることができた。

「トレック エモンダ」のテストライドに向かう各国メディアの強者ライダーたち(柄沢亜希撮影)「トレック エモンダ」のテストライドに向かう各国メディアの強者ライダーたち(柄沢亜希撮影)
「トレック エモンダ」のテストライドではイギリス・ヨークシャー地方の美しい道がコースとなった (©TREK)「トレック エモンダ」のテストライドではイギリス・ヨークシャー地方の美しい道がコースとなった (©TREK)

 エアロダイナミクスを目指したモデルでないにもかかわらず、驚くほどの高速巡航が可能だ。その上、鋭角コーナーやスイッチバックでは滑らかに曲がることができた。

 エモンダの「E2ジオメトリー」は個々のライダーに適した乗り心地を提供するため、イギリス・ヨークシャー地方の厳しくも美しい道を楽しみながら走ることができた。

「エモンダ」を初乗りする各国のジャーナリストたち (©TREK)「エモンダ」を初乗りする各国のジャーナリストたち (©TREK)
ツール・ド・フランスのコースも試走 (©TREK)ツール・ド・フランスのコースも試走 (©TREK)
プロトンを形成して軽快に進んでいくジャーナリストたち (©TREK)プロトンを形成して軽快に進んでいくジャーナリストたち (©TREK)

特に気に入った新型ブレーキ

軽量で制動能力に優れたボントレガー製「スピード ストップ ブレーキ」 (©TREK)軽量で制動能力に優れたボントレガー「スピード ストップ ブレーキ」(©TREK)

 特に気に入ったのは、ボントレガーの新型ブレーキのパワーだ。優れた制動力を持つだけではなく、微妙な速度調整にも効果的。実際、ライド中、リーズからハロゲートへの下りで時速100kmに達した場面もあったのだが、もしブレーキを信頼していなかったらここまでのトップスピードは出せなかったはずだ。

ボントレガー XXX インテグレーテッド バー/ステム (©TREK)ボントレガー XXX インテグレーテッド バー/ステム (©TREK)

 一方で、個人的には、新しくなったハンドルバーとステムのセットはあまり歓迎できなかった――身長192cmの筆者のように大きな手のライダーにとってスリムすぎるからだ。ライド時のバーテープがとても薄手だったということもあるかもしれないが…。

赤いカラーの「トレック エモンダ」を駆るカルロス・ピント編集長 (©TREK)赤いカラーの「トレック エモンダ」を駆るカルロス・ピント編集長 (©TREK)
ライドから戻ってきたカルロス・ピント編集長(右)とドイツ「RoadBiKE」誌のAlexander Walz 副編集長 (柄沢亜希撮影)ライドから戻ってきたカルロス・ピント編集長(右)とドイツ「RoadBiKE」誌のAlexander Walz 副編集長 (柄沢亜希撮影)

 エモンダは快適性を追求したバイクというよりも、ヒルクライマー向き。軽さでエモンダにはかなわないものの、トレックにはもっと快適な「ドマーネ」というバイクがあることを追記しておく。

<取材協力 トレック・ジャパン> 

カルロス・ピント編集長が駆る赤い「トレック エモンダ」 (©TREK)カルロス・ピント編集長が駆る赤い「トレック エモンダ」 (©TREK)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック(TREK)のロードバイク

トレック バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載