大会・イベント情報2014「ツール・ド・三陸」今年は11月2日開催へ 岩手県の三陸海岸を舞台とする復興支援サイクリング

  • 一覧

 岩手県の三陸海岸を舞台とする復興支援の自転車イベント「ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2014 in りくぜんたかた・おおふなと」が11月2日に開催される。約50kmの「健脚コース」と、子供でも楽しめる「ファミリーコース」の2コース。昨年に引き続き、ツール・ド・フランスで個人優勝したグレッグ・レモンさんも参加する。(産経新聞東北総局・釜石駐在 高木克聡)

「ツール・ド・三陸2014」の11月2日開催を発表し、“奇跡の一本松”の前でイベントの成功を誓う応援団長の片山右京さん(右)とホストライダーを務める日向涼子さん =7月1日、陸前高田市(高木克聡撮影)「ツール・ド・三陸2014」の11月2日開催を発表し、“奇跡の一本松”の前でイベントの成功を誓う応援団長の片山右京さん(右)とホストライダーを務める日向涼子さん =7月1日、陸前高田市(高木克聡撮影)

◇         ◇

 大会開催の発表記者会見が7月1日、陸前高田市役所で開かれ、大会の応援団長で自転車の啓発活動を続ける元F1ドライバーの片山右京さんが「3回目の開催を迎え、地域に根付いてきている。自転車に乗っていると、沿道から『がんばって』という声援がもらえる。新しいやさしさが生まれ始めている」と大会の成功を祈った。第1回大会からホストライダーを務めるモデルでサイクリストの日向涼子さんは、今年の大会に向けて「イベントを通じて参加者の皆さんに一体感を感じてもらい、被災地のことを考えてもらう機会にしたい」と思いを語った。

記者会見で「ツール・ド・三陸2014」の11月2日開催を発表するイベント応援団長の片山右京さん(中央)、ホストライダーを務める日向涼子さん(右)、戸羽太・陸前高田市長(高木克聡撮影)記者会見で「ツール・ド・三陸2014」の11月2日開催を発表するイベント応援団長の片山右京さん(中央)、ホストライダーを務める日向涼子さん(右)、戸羽太・陸前高田市長(高木克聡撮影)
ツール・ド・三陸2014「健脚コース」のコースマップツール・ド・三陸2014「健脚コース」のコースマップ

 参加費用は「健脚コース」が8300円、「ファミリーコース」が3100円。別途、エントリー手数料がそれぞれ415円と200円必要となる。募集人数は1100人で、応募受付は7月5日から大会公式サイトで始まる。募集期間は10月20日までだが、定員になり次第締め切る。

■「ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2014」開催概要


【目的】東日本大震災によって甚大な被害を被った東北地方 三陸エリアの復興町づくりを、環境にやさしく、健康的な自転車イベントでの開催で応援しながら、地域振興と広域観光の推進を継続的にサポートしていくことを目的とする。また、参加者はもとより被災地の多く人にサイクリングの楽しさを広く啓発することも目指す。
【開催場所】岩手県陸前高田市内 及び 大船渡市内 周辺コース
【スタート&ゴール会場】陸前高田市立第一中学校 仮設グラウンド
【開催日程】2014年11月1日(土)~ 2日(日)
 1日(土):前日祭
 2日(日):走行イベント、子供自転車教室
【参加種目】「健脚コース」(約50km)、「ファミリーコース」(コース検討中)
 ※開催時期の道路状況によりルートは変更の可能性もあり。
【参加者数】1100名予定(健脚コース1000名、ファミリーコース100名)
 ※上記以外にサイクリングリーダーなどスタッフ約200名
【主催】ツール・ド・三陸2014実行委員会
 ※構成団体:陸前高田市観光物産協会、陸前高田商工会、陸前高田商工会青年部、陸前高田青年会議所、陸前高田市青年団体協議会、陸前高田市建設業協会、チームたかた
【共催】陸前高田市、一般社団法人 グッド・チャリズム宣言プロジェクト
【インタラクティブ パートナー】Google

ツール・ド・フランス総合優勝経験者のグレッグ・レモンさん(中央)が、特別名誉ライダーとして先頭でスタート(2013年大会より)ツール・ド・フランス総合優勝経験者のグレッグ・レモンさん(中央)が、特別名誉ライダーとして先頭でスタート(2013年大会より)
復興するカキの養殖筏を見下ろし、ラストスパートをかける参加者たち(2013年大会より)復興するカキの養殖筏を見下ろし、ラストスパートをかける参加者たち(2013年大会より)


募集要項(抜粋)
【募集人数】1,100名
【参加資格】小学生以上の健康な男女で、各コースを制限時間内で完走できる走力を有する方。(通常の自転車走行速度は平均時約15km程度です)
 ※小・中学生の申し込みは保護者の同伴が必要です
 ※18歳未満の申し込みは保護者の同意が必要です
【参加費用】健脚コース8,300円、ファミリーコース3,100円(いずれも税込)
 ※別途エントリー手数料(健脚415円、ファミリー200円)がかかります
 ※プログラム参加費、記念品、特別補償保険料を含む
 ※参加申込後のキャンセルは、参加費の返金は致しかねます
【応募開始】7月5日(土)
【応募締切】10月20日(月)ただし 定員になり次第締め切る
【申し込み】公式サイト及びスポーツエントリーのエントリーサイトから申し込む
 公式サイト http://www.tour-de-sanriku.com/

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・三陸 日向涼子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載