逃げ続けてつかんだ栄冠【速報】全日本選手権ロードレース 男子エリートは佐野淳哉が初優勝 2位は井上和郎

  • 一覧

 岩手県八幡平市で開催中の全日本選手権大会ロードレースは29日、男子エリートのレースが行われ、序盤から逃げ集団に乗って展開をリードした佐野淳哉(那須ブラーゼン)が最終周回で抜け出し、初優勝を果たした。2位は井上和郎(ブリヂストンアンカー)、3位には山本元喜(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ)が入った。別府史之(トレック ファクトリーレーシング)は9位だった。

最終周回で抜け出し、歓喜の初優勝を果たした佐野淳哉(那須ブラーゼン)最終周回で抜け出し、歓喜の初優勝を果たした佐野淳哉(那須ブラーゼン)

男子エリート(221.2km)
1 佐野淳哉(那須ブラーゼン) 5:41:49
2 井上和郎(ブリヂストン アンカー) +10秒
3 山本元喜(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ) +15秒
4 清水都貴(ブリヂストン アンカー) +45秒
5 土井雪広(チームUKYO) +1分2秒
6 入部正太郎(シマノレーシング) +1分2秒
7 畑中勇介(シマノレーシング) +1分2秒
8 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +1分4秒
9 別府史之(トレック ファクトリーレーシング) +1分9秒
10 早川朋宏(愛三工業レーシング) +1分20秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2014 全日本ロード2014・速報 那須ブラーゼン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載