新製品情報ラファ創立10周年記念限定コレクション「Kings of Pain」 スペシャルな4アイテムを発売

  • 一覧
「Kings of Pain」を表現する5つのアイコン「Kings of Pain」を表現する5つのアイコン

 英国発のサイクルウェアブランド「Rapha」(ラファ)が、ブランド創立10周年を記念する限定コレクション「Kings of Pain」(苦痛の王者たち)を発表した。

 コレクションの名前は、10年前の2004年7月、ラファがブランド立ち上げと同時に開催された展覧会の名前を冠したものだ。

 発売されるのは、ロードレースの苦痛と栄光を称える全4アイテム。ジャージ、キャップ、エッセンシャルケース、そしてボトルオープナーだ。いずれもKings of Painを象徴する以下の5つのアイコンが、デザインとしてあしらわれている。

・「路上の囚人」を表すストライプ
・血、汗、涙と泥
・Kings of Painのロゴ
・過去の栄光を思い起こさせる王者の王冠
・囚人を識別するのに使われた印をベースとした矢印のマーク

特別にデザインされた4つのアイテム

Kings of Pain JerseyKings of Pain Jersey

 ジャージ(2万6500円)はラファ創立時よりブランドの定番であるClassic Jerseyを、Kings of Painのデザインモチーフで仕上げた一着。肌触りが良く、通気性にも優れるスポーツウール素材を採用し、チューブラータイヤをたすき掛けに背負って走ったグランツールレーサーをモチーフとした背中のデザインや、ボタン留めの襟など、サイクルロードレースの往年のエッセンスを今に蘇らせる。

Kings of Pain CapKings of Pain Cap
Kings of Pain Essentials CaseKings of Pain Essentials Case
Kings of Pain Bottle OpenerKings of Pain Bottle Opener

 キャップ(6000円)は側面のKings of Pain各種アイコンとともに、前面にはラファのスローガン「苦痛の先の栄光」を意味するラテン語の「EX DURIS GLORIA」の文字とモチーフが刺しゅうされている。

 エッセンシャルケース(8000円)は、ツールやスペアチューブなどライドの必需品やスマートフォンなどを、エレガントに持ち出すラファのベストセラーレザーポーチ。上質なレザーが使い込むほどに味わいを増す一品だ。Kings of PainのアイコンとRaphaのロゴがエンボスされ、ケースの内側にもKINGS OF PAINの文字がプリントされる。

 ボトルオープナー(5500円)は、今回のコレクションのために新たにデザインされたもの。かつてのグランツールにおいて、瓶詰めの飲料を開けるためにアシスト選手が栓抜きを首にかけていたというエピソードからの発想だ。シェフィールド社の強化ステンレスを使用しており、レーザーエッチング加工でKings of Painのモチーフが入れられている。

「Kings of Pain」を知るテキスト&ストーリー

 ラファの10周年を祝うコレクションの発売とあって、いつにも増してラファのサイト上では、これを盛り上げるストーリーを展開中だ。

 まずは、ラファのスローガン「苦痛と栄光」の原点となったグレアム・ファイフのエッセイ『Glory through Suffering』(苦痛の先にある栄光)を再掲出している。

 また、2004年にラファが開催した展覧会『Kings of Pain』で登場した6人の偉大な選手たちについて、『Kings of Painの体現者たち』でエピソードを紹介する。

 さらに、現代ロードレース界のキーパーソンにそれぞれのKing/Queen of Painを聞くインタビュー記事を掲載。第1弾として現在最強の女性レーサー、マリアンヌ・フォスが彼女にとってのQueen of Painを語る。第2弾以降も随時掲載予定だ。

 最後に、Kings of Painコレクションにあしらわれる4つのアイコンのデザインと、それぞれに込められた意味と思いを紹介する特集ページ。ロードレースの純度を示しているかのような各種デザインの由来を知ることができる。

この記事のタグ

ラファ(Rapha)のサイクルウェア商品一覧

サイクルウェア ラファ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載