全日本女子3冠の若き女王與那嶺恵理がサクソバンクFX証券と契約 東京五輪・世界選手権のメダルを目指し活動

  • 一覧
純白の日本チャンピオンジャージに身を包む與那嶺恵理。今後はサクソバンクのロゴの入ったウェアでレースに臨む純白の日本チャンピオンジャージに身を包む與那嶺恵理。今後はサクソバンクのロゴの入ったウェアでレースに臨む

 女子ロードレース・個人タイムトライアル・MTBクロスカントリーの現日本チャンピオン、與那嶺恵理が6月、デリバティブ取引の世界的大手であるサクソバンク(Saxo Bank A/S、デンマーク)の100%子会社であるサクソバンクFX証券と雇用契約を締結した。2020年東京オリンピック、またUCI世界選手権でのメダル獲得を目標とする與那嶺は、社員として選手活動を業務範囲の一部として行い、また週数日程度オフィスでの業務にも携わるという。

 2011年から自転車競技を始めたという與那嶺は、すぐに2012年の全日本選手権ロードレースで2位と頭角を現し、翌年の2013年には、ロードレース、個人タイムトライアル、MTBクロスカントリーの3種目で全日本選手権を制する快挙を成し遂げている。まだ23歳と若く、現在最も期待されている自転車女子アスリートの一人だ。

 以下はサクソバンクFX証券のリリースでのコメント。

與那嶺恵理選手
この度、素敵なご縁からサクソバンクFX証券様と雇用契約を結び、競技活動をサポート頂けますこと、大変感謝しております。私が掲げた、世界選手権・東京オリンピックでのメダル獲得という目標は、とうてい一人の力で達成できるものではありません。この挑戦をする過程、選手、人としての成長を、サクソバンクFX証券様と共に歩み、共に感動し、共有していきたいと思っております。そして、ファンの皆様、ご支援下さる皆様、引き続き、叱咤激励よろしくお願い致します。

小島和 サクソバンクFX証券 社長
サクソバンク・グループは2008年からUCIプロチームのメインスポンサーを務めています。日本においても、與那嶺選手という同じ価値観を持った有能な選手を社員として迎えることができ、大変うれしく思います。女子自転車選手を取り巻く環境は厳しいと聞いていますが、この試みが波及してより多くの選手が競技に専念できる環境が整備されることを心より願っています。

この記事のタグ

與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載