バイクインプレッション2014「MERIDA SCULTURA CF TEAM-E」 乗りやすさ抜群、懐の深さが魅力の旗艦モデル

  • 一覧

 世界でもトップレベルのテクノロジーを有する、巨大バイクメーカーのメリダ。設計とデザインはドイツで行い、生産は台湾という製造形態を確立し、業界をリードするハイクオリティのバイクを生み出している。そしてそれらのマシンは、ロード、MTB共にトップレーサーを有するチームへの機材供給を積極的に展開し、過酷な状況下でのパフォーマンスチェックと共に、輝かしい勝利を求め続けている。

MERIDA SCULTURA CF TEAM-E(メリダ スクルトゥーラ CF チーム-E)MERIDA SCULTURA CF TEAM-E(メリダ スクルトゥーラ CF チーム-E)

「MERIDA SCULTURA CF TEAM-E」(メリダ スクルトゥーラ CF チーム-E)
価格:952,381円(完成車、税抜)
サイズ:44、47、50、52、54、56
カラー:ランプレ・チームモデル
問い合わせ先:ミヤタサイクル http://www.merida.jp

スペック

フレーム:Scultura SL-E
フォーク:Scultura Carbon superlite
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシング1
重量:6.7kg(54サイズ完成車)

扁平形状にすることで路面からの振動吸収を高めるサスペンション機能をもたらしたフレックスステー扁平形状にすることで路面からの振動吸収を高めるサスペンション機能をもたらしたフレックスステー
下側1.5インチの大径ベアリングを要するテーパーヘッドとフォークの高剛性化がハンドリングを向上させている下側1.5インチの大径ベアリングを要するテーパーヘッドとフォークの高剛性化がハンドリングを向上させている
電動メカに対応し、バッテリーはチェーンステー下にマウントする電動メカに対応し、バッテリーはチェーンステー下にマウントする

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

松尾 メリダはこれまで試乗してきた中で、個人的には良い印象を抱いているメーカーの一つです。今回試乗した「スクルトゥーラ CF チーム-E」はトップ選手に供給されているフラッグシップモデルですから、まさにブランドの顔ですね。

米山 そうだね。カラーリングもメリダのコーポレートカラーのグリーンと、ランプレのイメージカラーであるマゼンタを合わせたチームモデルとなっている。乗ってみてどうだった?

松尾 一番の特徴はどのレベルのライダーが乗っても、合わせてくれるような懐の深さです。そして全体的にしなやかで良く進むバイクでした。僕はこういう性格のバイクが個人的に好みなので、乗っていて気持ちよかったですね。

米山 たしかに、全くクセがないのが最大の特徴だろうね。幅広いライダーに対応するバイクだった。辛口に言えば、良くも悪くも普通のフィーリングとなってしまうんだけど、低速から高速までしっかりと使えるし、加速も軽さがあって良かったと思う。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 しなやかな加速は魅力ですね。力をスポイルせずに反発が少ない感触で進むのが気持ちいいです。また、コンフォート性能も高く、路面からの突き上げも細かい振動も抑えられていました。BBの剛性はしっかり高めで、リヤセクションで振動を吸収するフレームの設計、機能が効いているようです。振動が気にならないのでライディングに集中できますよね。

米山 うん。乗り心地は良い。

松尾 ヘッド周りは一見ボリュームがありますが、もうほんの少しだけ剛性が高いほうが好みです。とはいえ、ライン取りもスムーズで、ツーリングも使えそうなオールマイティさは表現されています。

米山 グランツールを走り切るために必要なパフォーマンスを持つフラッグシップモデルでありながら、ここまで一般的に乗りやすいのは魅力でしょう。クセがない乗りやすいバイクとしては極めていると思う。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクメリダ(MERIDA)のロードバイク

50万円~ カーボン バイクインプレッション メリダ レース向け自転車 ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載