もしかしてヒルクライム最速!?マグネシウムフレーム&電動デュラエースで6.9kg 究極のミニベロ「HMR-Extreme」初音ミク色で登場

  • 一覧

 カーレース界で“ファンと共に走るレーシングチーム”をコンセプトに「初音ミクGTプロジェクト」を展開するグッドスマイルレーシングから、マグネシウム製フレームを使った究極のミニベロ「HMR-Extreme」が登場した。コンポーネントにシマノの電動コンポ・デュラエースDi2を搭載。フォーク、ホイール、ハンドルなどもカーボン製で、重量を約6.9kgまで削った。

マグネシウム製フレームに電動デュラエースを搭載した究極のミニベロ「HMR-Extreme」。重量は約6.9kgマグネシウム製フレームに電動デュラエースを搭載した究極のミニベロ「HMR-Extreme」。重量は約6.9kg

カーボンパーツをふんだんに使って軽さを追求

 フレームは、マグネシウム製フレーム自転車を手がけるESR社が製造。このモデルでは溶接部のスムージング加工が施されている。ステム、シートポストなどもカーボン製、サドルはチタンレールのオリジナルモデルと、手抜きは一切ない。

 カラーリングは、四輪の「SUPER GT 2014」に参戦中の「グッドスマイル初音ミクZ4」と同じく、レーシングミク2014ver.カラーを採用している。価格は58万円(税抜)、完全受注生産で、すでに受注が始まっている。

ハンドルもステムもカーボン製ハンドルもステムもカーボン製
フロントフォークはカーボンモノコック製フロントフォークはカーボンモノコック製
フレームの接合部はスムージング加工が施されているフレームの接合部はスムージング加工が施されている
完全受注生産で、シリアルナンバーが刻まれたプレート付き完全受注生産で、シリアルナンバーが刻まれたプレート付き
輪行などに便利なクイックリリース機構付きペダルを採用。マグネシウムシャフトで軽量化されている輪行などに便利なクイックリリース機構付きペダルを採用。マグネシウムシャフトで軽量化されている

 製品を企画・販売するグッドスマイルレーシングでは、ホイールの慣性重量が軽いことなどを挙げて「このタイプの自転車はヒルクライムにかなり向いている」とアピールしている。

ミドルグレード&エントリーモデルも同時に登場

 ミドルグレードの「HMR-9」と、エントリーモデルの「HMR-X」も同時に登場した。いずれも最上位モデルの HMR-Extreme と同様にレーシングミクカラーを採用。完全受注生産。

 HMR-9 はロングライドからヒルクライムまで対応するハイパフォーマンスモデル。リア11段変速のシマノ新型105コンポを搭載し、重量は7.9kgと十分に軽い。価格は19万8000円(税抜)。

 HMR-X は走るシーンを選ばないシティユースモデル。フラットハンドルを採用し、主要コンポはシマノSORA。価格は13万8000円(税抜)に抑えられている。

リア11段変速のシマノ新型105コンポを搭載した「HMR-9」。車重7.9kg、価格は19万8000円(税抜)リア11段変速のシマノ新型105コンポを搭載した「HMR-9」。車重7.9kg、価格は19万8000円(税抜)
フラットハンドルでシマノ「SORA」コンポを搭載した「HMR-X」。車重9.6kg、価格は13万8000円(税抜)フラットハンドルでシマノ「SORA」コンポを搭載した「HMR-X」。車重9.6kg、価格は13万8000円(税抜)

(C)おぐち/Crypton Future Media,INC. www.piapro.net costume designed by コヤマシゲト

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

10~15万円 15~20万円 ミニベロ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載