日本から4選手が出場、合計115ポイントを獲得長迫吉拓がTTで2位 BMXワールドカップ第3戦、リオ五輪に向けてポイント争いが本格化

  • 一覧

 ドイツ・ベルリンで6月14~15日に開催された「2014 UCI BMXスーパークロスワールドカップ第3戦」に、日本から4選手が出場し、日本のエース長迫吉拓(モトクロスインターナショナル)がタイムトライアルで2位の好成績を残した。リオ五輪の出場権をかけた国別ポイントの集計が6月1日にスタートしており、今大会は最初の大きなレースとなる。

ジャンプを飛ぶ長迫吉拓(写真は今大会練習中のもの)ジャンプを飛ぶ長迫吉拓(写真は今大会練習中のもの)
現日本チャンピオンの長迫吉拓現日本チャンピオンの長迫吉拓

 前戦を終えてUCIランキング16位の長迫は、シード権を得て14日のタイムトライアルに出場し、2位と健闘した。15日に行われた決勝ラウンドでは、1/8決勝を通過。準々決勝では第1コーナーを抜けた時点で2位につけ、第3コーナーでトップを狙うものの転倒し、27位でレースを終えた。

 1日に開催されたヨーロッパ選手権で3位に入り、今大会のタイムトライアルでは名実ともにトップを狙える可能性を示した長迫。次戦以降の活躍が期待される。

 同じく日本から参加した松下巽(早稲田大学大学院)は、前戦に引き続き予選を通過し1/8決勝に進出、48位の成績を残した。吉井康平(東海大学)は75位。女子エリートの朝比奈綾香は40位だった。


長迫吉拓(モトクロスインターナショナル)のコメント
正直、悔しい。準決勝の通過圏内にいたのに、さらに上の順位を狙って抜きに行ってしまったことは、トータルの結果を考えての判断ができていなかった。しかし大会を通しての自分の走りには、トレーニングの成果も実感することができ満足している。日本チームとしても自分以外の選手がポイント対象である決勝トーナメントへ勝ち上がるようになったことは心強く、これをコンスタントに続けていきたい。来週からヨーロッパ選手権第9・10戦、全日本選手権、世界選手権と大会が続くので、今大会で得た自信を結果につなげていきたい。

チームマネージャー、三瓶将廣(一般社団法人システマティックBMX)のレポート

今大会に出場した日本人選手。(左から)朝比奈綾香、吉井康平、長迫吉拓、松下巽今大会に出場した日本人選手。(左から)朝比奈綾香、吉井康平、長迫吉拓、松下巽

 今大会が行われたベルリン郊外にあるメローパークBMXトラックは、今までにない形状のセクションが多く含まれる新世代のBMXレースコースとして、2年前に建設された。フリースタイル的な要素を多く含むため、以前にも増してスキルを含む総合力が問われるコースだ。前戦のオランダ大会同様、不安定な天候が続き、豪雨による中断や大幅なスケジュール変更、コース状況が変わるタフなコンディションの中でのレースだった。

 長迫は準々決勝で残念な結果になってしまったが、タイムトライアルの2位や、安定して上位を走ることなど、自信へつながる要素が集まってきたことは大きな収穫といえる。今大会で日本チームとして合計115ポイントを獲得したので、世界選手権では今回の課題を修正してより多くのポイントを取れるように準備していきたい。

(レポート・写真提供 全日本BMX連盟)

この記事のタグ

BMX

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載