盗難18件のうち16件は無施錠「自転車盗防止へ施錠を」 和歌山・新宮駅前駐輪場で中学生らがチェック

  • 一覧

警察官のアドバイスを受けながら鍵がかかっているか確認する生徒ら =新宮市(小泉一敏撮影)警察官のアドバイスを受けながら鍵がかかっているか確認する生徒ら =新宮市(小泉一敏撮影)

 自転車の盗難を防ごうと、和歌山県警新宮署員や同県新宮市立城南中学校の生徒らが、JR新宮駅前の駐輪場で自転車への施錠を呼びかけた。

 同署によると、昨年の管内での自転車盗認知件数は77件。今年も5月末までにすでに18件発生しており、このうち16件は無施錠だったという。

 生徒らは、駐輪場で自転車の鍵がかかっているか1台ずつ確認。無施錠の自転車には、すぐに施錠できるよう「ワイヤ鍵」をかごに入れていた。活動に参加した中学3年、中村姫奈子さん(14)は「自転車を盗まれた友人もいたので、気をつけて鍵をかけてほしい」と話した。

 同署地域課の出嶋弘士課長は「被害に遭わないためには、きちんと施錠すること。防犯カメラの設置も市に働きかけたい」と今後の対策についても指摘した。

産経新聞・和歌山版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載