スポーツマッサージオイル「ナキ」も体験できる東京・豊洲「マジック ビーチ」に「Cyclistブース」 週末にブリヂストンサイクルの試乗会開催へ

  • 一覧
東京・豊洲の複合施設「マジック ビーチ」のCyclistブース。ブリヂストンサイクルなどが出展する東京・豊洲の複合施設「マジック ビーチ」のCyclistブース。ブリヂストンサイクルなどが出展する =6月13日撮影

 東京・豊洲に6月16日オープンするスポーツとアウトドアの複合施設「MAGIC BEACH」(マジック ビーチ)に、自転車をテーマにした「Cyclist」のブースが設けられる。アディダス、クイックシルバーなどのストアが出店するコンテナモール「WHITE LINE」(ホワイトライン)の中央から、自転車に関する情報を発信。オープン当初は「ブリヂストンサイクル」と、スポーツマッサージオイルなどを展開するベルギーブランド「NAQI」(ナキ)が出展し、シティサイクルの試乗会も行われる。

土日に試乗できる3人乗り電動アシスト自転車「ビッケ 2 e」ブリヂストンサイクルの3人乗り電動アシスト自転車「ビッケ 2 e」は土日に試乗会が開かれる =6月13日撮影

 ブリヂストンサイクルは親子でコーディネートを楽しめる自転車「bikke」(ビッケ)シリーズを
展示する。幼児を2人乗せられる電動アシスト自転車「ビッケ 2 e」と、ジュニアサイクル「ビッケ j」、キッズサイクル「ビッケ m」がブースに並ぶ。

 土、日曜には、ビッケ 2 eの試乗会が開催される。子供を乗せて走ることはできないが、10kg~15kgの重りを載せて子乗せ走行の感覚を体験することが可能だ。平日は展示のみが行われる。

ブリヂストンサイクル「ビッケ」シリーズが並ぶCyclistブースブリヂストンサイクル「ビッケ」シリーズが並ぶCyclistブース =6月13日撮影
コンテナ内にはビッケとコーディネートパーツがずらりコンテナ内にはビッケとコーディネートパーツがずらり =6月13日撮影

 コンテナのなかにはサドルカバー、ハンドルグリップといったビッケの各種コーディネートパーツがずらりと飾られており、自分なりのコーディネートを考えることができる。ビッケのキャラクター、クマの「モブさん」をかたどった段ボールアートもブースを可愛らしく彩っている。

モブさんのイラストが入ったヘルメットは人気のアクセサリーモブさんのイラストが入ったヘルメットは人気のアクセサリー
コンテナ前に「ビッケ m」(左)「ビッケ j」と、段ボールで作られたモブさんコンテナ前に「ビッケ m」(左)「ビッケ j」と、段ボールで作られたモブさん =6月13日撮影

 肌を守るための製品を扱うブランド、ナキからは、マッサージ専用ローションやウォーミングアップジェルといった、サイクリングにも役立つトータルケア・コンディショニング用品が展示される。テスターが用意されているので、使用感や香りを確かめることが可能だ。ナキ製品はツール・ド・フランスに出場するサイクリングチームや、ヨーロッパの代表的なサッカーチームでも愛用されている。

 営業時間は午前11時から午後8時で、土・日曜の試乗の最終受付は午後6時。Cyclistブースは期間ごとに出展ブランドが入れ替わる予定だ。

マッサージ専用ローションやウォーミングアップジェルなどの「ナキ」製品マッサージ専用ローションやウォーミングアップジェルなどの「ナキ」製品
オープン前からテレビ局の撮影が入ったオープン前からテレビ局の撮影が入った =6月13日

 “ビーチタウン”をテーマとするマジック ビーチは、新交通システム「ゆりかもめ」新豊洲駅のすぐ目の前に広がっている。Cyclistブースがあるコンテナモールのほか、白い砂が敷き詰められビーチ感覚を楽しめるバカンスカフェ「THE BEACH 55」(ザ・ビーチ55)や、カジュアルに楽しむ“ギャザリング”スタイルのバーベキューエリア、ライブやスポーツのパブリックビューイングなどを開催できるイベントスペースが設けられ、湾岸エリアの新しいレジャー拠点として注目されている。

白い砂を敷き詰めたカフェ白い砂を敷き詰めたカフェ =6月13日撮影
ゆりかもめ「新豊洲駅」の前に誕生するマジック ビーチゆりかもめ「新豊洲駅」の前に誕生するマジック ビーチ =6月13日撮影

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載