パトカーやスーパーから流して注意喚起に活用「じてんしゃにはかぎをかけてね」 京都市の幼稚園児が啓発メッセージを収録

  • 一覧
メッセージ届くかな。録音した声を確かめる園児たち =京都市左京区のメグミ幼児園(北﨑諒子撮影)メッセージ届くかな。録音した声を確かめる園児たち =京都市左京区のメグミ幼児園(北﨑諒子撮影)

 京都市左京区の「メグミ幼児園」(安藤百合子園長)の園児たち12人が6月10日、京都府警下鴨署の要請で、交通事故や車上狙い防止、自転車のカギ掛けを呼びかける啓発メッセージのマイク収録を行った。

 この日、収録に参加したのは同園年長組の12人。「じてんしゃにはかぎをかけてね」など、署員が持ち込んだ3つのメッセージを読み上げた。

 同園によると、園児たちは朝から何度も練習したが、初めての経験で、本番では声がそろわなかったり、途中から声が小さくなったりしたため5回録音し直した。それでも、最後には元気よく声を張り上げてメッセージを読み上げた。

 収録された園児たちのメッセージは、下鴨署のパトカーや大型スーパーなどから流され、府民への注意喚起を促す活動に活用される予定。

産経新聞・京都版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載