イベント情報2014100km信号なし&空港の滑走路を走るロングライド 「益田I・NA・KAライド」9月7日開催

  • 一覧
美しい自然の中でサイクリングを楽しもう美しい自然の中でサイクリングを楽しもう

 信号のない田舎(いなか)の道を目一杯走るライドイベント「益田 I・NA・KAライド」が9月7日に島根県益田市で開催される。100kmにわたって“信号ゼロ”という夢のようなコースで、エイドステーションでは地元からのおもてなしも充実。豊かな田舎の幸をふんだんに味わえるプレミアムイベントだ。

 昨年の大会は台風の影響で中止となったが、このため昨年の申込者には参加料割引が適用される。また今年から当日受付も行ない、近隣県からは日帰りでも参加できるようになった。

田舎をたっぷり味わうコース 楽しみ方は参加者それぞれ

木々深い森を走る木々深い森を走る

 「益田 I・NA・KAライド」は、益田の「田舎ならでは」の魅力を幅広く伝えるためのイベントだ。豊かな自然と、手の行き届いた田園風景、そして人情あふれる地元のおもてなしを楽しめる。コースには現役の空港(萩・石見空港)の滑走路も組み込まれており、普段は絶対に走れない場所でのライドを体験できる。

 走行はレース形式でなくグループライド方式。自己申告による脚力別に複数のグループに分かれ、それぞれエイドステーションで休憩を挟みながらゴールを目指す。エイドステーションでは地元の幸をたっぷり用意。過去に参加者から「食べきれず困った」との感想が聞かれたほどだという。

 コースは空港滑走路のみを走るファミリー向けの4km(ママチャリOK!)から、最長160kmまで、バラエティに富んだ設定。100kmと160kmのコースでは景勝地「匹見峡」や、日本海の眺望を楽しみつつ、ときにアップダウンのスパイスも味わえる。また、スピード重視で走る「スーパーウサギさんコース」では、まるでレースのような走りごたえを楽しめる。

 コース監修はロードレースU23日本代表監督も務める浅田顕さんが主宰する「エキップアサダ」が担当した。今年は160kmコースに、ユースロードレース「益田チャレンジステージ」のコースが組み入れられ、さらにグレードアップした。

益子直美さん益子直美さん
山本雅道さん山本雅道さん

 ゲストライダーとして元プロロードレーサーの山本雅道さんと、山本さんの夫人で元バレーボール女子日本代表の益子直美さん、またエキップアサダから谷口正洋さん(元チームUKYO)が参加する。

 東京・羽田空港からは萩・石見空港への直行便が1日2往復となったため、首都圏からも1泊2日で参加可能。都会の喧騒を忘れ、高い満足度が得られる大会だ。

2014 第3回益田I・NA・KAライド

開催日: 2014年9月7日(日)
イベント内容: 自転車ロングライドイベント
開催場所: 島根県益田市の公道
参加費用: 1,000円、3,000円、10,000円(昨年参加申込者は割引あり)
申し込み方法: 「スポーツエントリー」サイトで受付

募集クラス:
4km(ウルトラカメさんコース・空港滑走路のみ) 初心者向け・ママチャリ走行可能
25km(スーパーカメさんコース) 初心者向け
100km(カメさんコース) まったり派
100km(ウサギさんコース) ほどほど派
160km(ウサギさんコース) ほどほど派
160km(スーパーウサギさんコース) スピード重視派

コースルート: 25km100km160km(ルートラボ)

対象自転車: ロードレーサー、またはそれに準ずる車種(クロスバイク、フラットタイヤのMTBなど)。4kmコースのみママチャリ(シティサイクル)OK

主催・問い合わせ先: NPO法人 益田市・町おこしの会
698-0043 島根県益田市中島町イ586-1-204

この記事のタグ

イベント 島根県益田市

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載