イベント情報2014スチールフレームの良さを感じる“クロモリバイク限定”エンデューロ 第3回は7月21日開催

  • 一覧
「クロモリロードレース」のスタートにずらり並ぶのは、細身のスチールフレームたちだ「クロモリロードレース」のスタートにずらり並ぶのは、細身のスチールフレームたちだ

 参加者の自転車のフレーム素材をクロモリ(スチール)に限定したユニークなイベント「クロモリロードレース」が7月21日、群馬サイクルスポーツセンターで開催される。

 今年で3回目を数えるこの大会は、「フレームの素材がフロントフォーク以外全てがクロモリ素材であること」が参加条件。近年、レース用バイクの主流はカーボンやアルミなどの素材になっているが、細いスチール素材で作られたクロモリバイクの時代に流されないフォルムは、今なお多くのサイクリストを魅了している。その五感に訴える優しく粘りのある乗り味を活かし、スチールファンがさらにスチールの良さを感じることができる大会として好評を博している。

 レースは1時間/3時間/6時間のエンデューロが行なわれ、それぞれ1人で走るソロ部門に加え、3時間と6時間にはチーム部門が設けられる。1時間ソロに出場したあとで、3時間チームに出場も可能なタイムスケジュールとなっており、ダブルエントリーも可能だ(割引あり)。

 コースはJプロツアーなど本格ロードレースも開催される群馬サイクルスポーツセンターの、アップダウンに富んだ6kmサーキットを使用。会場では協賛ブランドによるクロモリロードバイクの展示・試乗会も予定されている。

群馬サイクルスポーツセンターで開催群馬サイクルスポーツセンターで開催
スチールフレームを目一杯楽しむ優雅な一日スチールフレームを目一杯楽しむ優雅な一日

 表彰は、ソロ部門では総合順位のほか、フロントフォークの素材に応じてのクラス分けや、5歳ごとの年齢区分、自転車ブランドごとなど、細かいクラスに分けて順位が付けられるので、ポディウムに立てるチャンスは多い。チーム部門でも総合表彰のほか、女性のみで構成するチームの上位表彰が行なわれる。

 大会を主催するクロモリロードレース実行委員会は、「勝つためだけに目を三角にして優勝を目指すのではなく、クロモリオーナーらしく紳士的に振舞いつつ、それでいて速い。そんなレースができたらいいなと思ってます」とアピール。マシンやファッションを自慢しつつ、楽しみながら走ってほしいという。

 申し込みはスポーツエントリーから。締め切りは6月30日(定員になり次第終了)。

「第3回 クロモリロードレース」大会概要

開催日: 2014年 7月21日(月曜日・祭日)
開催地: 群馬サイクルスポーツセンター
主催: クロモリロードレース実行委員会
種目: 1時間エンデューロ、4時間エンデューロ、6時間エンデューロ
申込締切: 6月30日(定員になり次第締切)

種目と参加料
【6時間エンデューロ ソロ】12,000円
【6時間エンデューロ チーム】 <2~4人>9,000円/人 <5~7人>8,000円/人
【3時間エンデューロ ソロ】 10,000円
【3時間エンデューロ チーム】 <2~4人>8,000円/人 <5~7人>7,000円/人
【1時間エンデューロ ソロ】 8,000円
【1時間エンデューロ+3時間エンデューロ ソロ】 16,000円 ※3時間チーム参加時も割引あり

問い合わせ:
 〒161-0033 東京都新宿区下落合1-5-18 (有)レガロ 大会事務局
 Tel 03-6279-3820

この記事のタグ

イベント

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載