「傘さし運転に罰金があるとは…」の声も傘さし運転ダメ! 埼玉県警がレインコートを街頭配布 梅雨シーズンの自転車マナー向上へPR

  • 一覧
危険な傘さし運転をしないよう呼びかけるキャンペーンが行われた危険な傘さし運転をしないよう呼びかけるキャンペーンが行われた

 本格的な梅雨シーズンに合わせ、埼玉県警は6月5日、傘さし運転などの危険な自転車利用を防ごうと、JR武蔵浦和駅高架下(さいたま市南区)で通行人にレインコートを配布し、運転マナーの向上を呼びかけた。

 傘さし運転は自転車を正しくコントロールできなくなるなど事故を誘発する可能性が高い。このため、道交法で5万円以下の罰金などが規定されている。この日は県警交通企画課と浦和署員が自転車利用者らを呼び止め、雨天時の運転はレインコートを着用するよう注意を促した。

 同市南区の主婦、岡段真里さん(43)は「傘さし運転に罰金があるとは知らなかった。子供にはレインコートを着て自転車に乗るよう守らせたい」と話した。

産経新聞・埼玉版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載