バイクインプレッション2014「SCOTT ADDICT SL」 軽快さと高剛性を極めた、超軽量モデルの決定版

  • 一覧

 軽量カーボンフレームのパイオニアとして、トレンドをリードしてきたスコットが、ブランド史上最軽量フレームとして、『軽量・空力・快適性』を更に追求した新しいアディクトを発表した。スコットが独自に開発したカーボン配合クロスHMX-SLは、東レ社製T-1000品番を加え、また一つ高みに上った。試乗する「アディクトSL」はスラム・レッドを装備した、6kgを切る超軽量モデルだ。

「SCOTT ADDICT SL」(スコット アディクト SL)「SCOTT ADDICT SL」(スコット アディクト SL)

SCOTT ADDICT SL(スコット アディクト SL)
価格:980,000円(完成車、税抜)
サイズ:XXS/47、XS/49、S/52、M/54、L/56、XL/58、XXL/61
カラー:ブラック
問い合わせ先:スコット・ジャパン http://www.scott-japan.jp/

スペック

フレーム:ADDICT HMX-SL netIMP SUPERLIGHT Carbon technology
フォーク:ADDICT HMX-SL
変速機:スラム・レッド22(F)&(R)
ギヤ:スラム・レッド22 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:Syncros・RL1.0 カーボンクリンチャー
重量:5.88kg (Mサイズ)

細身でシンプルなリアステーだが、空気力学に導かれた無駄のない性能そのものだ細身でシンプルなリアステーだが、空気力学に導かれた無駄のない性能そのものだ
フレームの軽量化に貢献している、カーボン製のフロントディレイラー台座フレームの軽量化に貢献している、カーボン製のフロントディレイラー台座
かつて無い強度を誇るというT1000Gカーボンファイバーを起用したHMX-SLと、コンペティションロード用のジオメトリー、低速域でのエアロ効果をも加味したF01テクノロジーが融合して誕生した新しいアディクトかつて無い強度を誇るというT1000Gカーボンファイバーを起用したHMX-SLと、コンペティションロード用のジオメトリー、低速域でのエアロ効果をも加味したF01テクノロジーが融合して誕生した新しいアディクト

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作
Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 全体の統一感があるコーディネートがカッコイイね。いかにも速そうな印象を与えてくれる。スコットは以前、フォイルもインプレしたけれど、軽さが印象的なバイクだったよね。このアディクトも、まず持って軽かったし、乗っても軽いぞ!というバイクだった。

松尾 軽い、硬いを地でいくバイクでしたね。剛性はかなり高めで、力強い加速が期待できます。アディクトは前作にも乗った経験がありますが、比較すると格段に安定感が高まっていました。フロント周りやフォークが特に良くなっている印象です。

米山 細身だけれどしっかりとした硬さ。軽いのが好きなライダーには最適で、その反面、重厚感のあるフィーリングが好きなライダーにとって好みではないかもね。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 ハッキリしていますよね。車体の軽さを活かして、ゼロからの加速は速く、ドンドン脚が回っていくので、ヒルクライムではとくに性能を発揮できるでしょう。登りの性能に関しては言うことなしです。ただ、剛性が高いので、長い上りや連続するアップダウンには少し慣れば必要かな。しなりが殆どないので、上手く体を使わないと疲れると思います。下りは安定感が向上して、もがいても安心です。

米山 なるほどね。上りはその軽さが明らかに武器になっている。重心は少し高めだけれど、下りも想像以上に良かった。剛性が高い一方で、快適性はどう評価する?

松尾 うーん。過剛性に感じて疲れそうだなぁと思いましたが、そういったことを忘れるくらいに脚が回るのは良いです。とはいえ、剛性は本当に高いので、距離を重ねたときに疲れは感じると思います。

米山 軽快で、高剛性であることを極めているよね。

松尾 前作のアディクトからはハンドリングと安定感がかなり増して、性格は引き継いでいるものの大きく改良されていました。とにかく軽くて硬いフレームが好みの人は、このバイクが最適だと思います。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクスコット(SCOTT)のロードバイク

50万円~ スコット バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載