バイクインプレッション2014「LAPIERRE SHAPER 100 TP」 ロードバイクのように機敏な、速く走りたい人向けのクロスバイク

  • 一覧

 フランスの総合バイクブランド、ラピエールは創業1946年の老舗。レースシーンには欠かせないメーカーの一つとして、母国フランスをはじめヨーロッパで特に人気を集めている。クロスバイクのシェイパーシリーズは、ロードバイクフレームの性能を受け継いだカーボン素材のハイエンドモデル「シェイパー700CP」から、今回試乗するアルミフレームの「シェイパー100TP」まで、4つのグレードを揃えている。

「LAPIERRE SHAPER 100 TP」(ラピエール シェイパー100 TP)「LAPIERRE SHAPER 100 TP」(ラピエール シェイパー100 TP)

LAPIERRE SHAPER 100 TP(ラピエール シェイパー100 TP)
価格:74,000円(完成車、税抜)
サイズ:S(44)、M(48)、L(52)
カラー:ホワイト
問い合わせ先:東商会 http://www.eastwood.co.jp/lineup/lapierre/

スペック

フレーム:SHAPER ALLOY 6061
フォーク:LAPIERRE RB-651AX STEEL
変速機:シマノ・クラリス(F)&(R)
ギヤ:シマノ・FC-M171 48×38×28T、11-30T(8s)
ホイール:MACH1・CFX(リム)+シマノ・HB-RM40&FH-RM30(ハブ)
重量:11,1kg(48サイズ)

アルミのメインフレームにセットされるのは、オリジナルのスチール製フォークだアルミのメインフレームにセットされるのは、オリジナルのスチール製フォークだ
セライタリアのコンフォート系の穴あきサドル「Q-BIK フロウ」を採用し、快適なライドを支えるセライタリアのコンフォート系の穴あきサドル「Q-BIK フロウ」を採用し、快適なライドを支える
シマノのコンポーネント、クラリスは24段変速を装備する。リアは11−30Tとワイドなので、どんな坂道も安心シマノのコンポーネント、クラリスは24段変速を装備する。リアは11−30Tとワイドなので、どんな坂道も安心

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作
Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 シェイパーシリーズの中でもっともリーズナブルなモデルで、スポーツバイク初心者から、しっかり毎日の移動手段として使う人までをターゲットにしているモデルだ。パーツを厳選して価格を抑えているけれど、安っぽさを感じさせず、総合的に引き締まった1台に仕上がっている。フラットバーハンドルでありながらロードバイク寄りのコンポーネントで、キャリパーブレーキも採用しているね。

松尾 そうですね。クロスバイクというよりはロードバイクに非常に近い。反応も良いですし、スピードに乗ってからの加速感もクロスバイクのイメージとは一線を画していました。

米山 かっちりした剛性で、直進安定性も高く、ちゃんとしている。全体のバランスがいいので、気持ちよく走れるね。

松尾 ええ。ハンドリングは少しクイックでしたが、フラットハンドルなので身体が起きて、手の位置も手前になるからでしょうね。その分、街中などではそのクイックさを発揮して機敏に動けるので、これは狙い通りなのかもしれません。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 なるほど。街中で乗ってストップ&ゴーを繰り返すなら、気になるのは加速性だけれど、グンと伸びる加速があって楽しかった。

松尾 そうですね。速く走りたい人の通勤通学バイクに良さそうです。ヘッド周りのチュービングもこだわっているルックスと気軽に乗れる仕様、そして価格は、ロードバイク未経験の人にも、スポーツバイクの入口としてピッタリだと思います。

米山 一口にクロスバイクと言っても色々あって、ゆったり乗るタイプがある一方で、こういうロードバイクに近い、機敏なタイプもあったりして面白いよね。

松尾 走りはロード寄りでも、コンポーネントはその走るシーンを想定して、ワイドなギア設定になっている。ライダーへの配慮が手厚いですね。

米山 上りも下りも基本性能がしっかりしていてロードのイメージのまま操れた。かなりスポーティなバイクでよく走る1台だと思うよ。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

5~10万円 クロスバイク バイクインプレッション ラピエール 街乗り向け自転車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載