「自転車は左側を走ろう」とPR自転車事故減へ高校生ら寸劇披露 京成千葉駅前広場で交通ルール順守を呼びかけ

  • 一覧

寸劇で自転車の交通マナーの向上を呼びかけた「自転車マナーアップキャンペーン」(大島悠亮撮影)寸劇で自転車の交通マナーの向上を呼びかけた「自転車マナーアップキャンペーン」(大島悠亮撮影)

 自転車の交通事故を減らそうと、「自転車マナーアップキャンペーン」が15日、千葉市中央区の京成千葉駅前広場などで開かれた。県立千葉商業高校の生徒らが県警職員らと寸劇を披露し、交通ルールの順守を呼びかけた。

 県によると、県内では自転車の事故が4月末までに1366件発生。生徒らは寸劇で「自転車は左側を走ろう」などとPRし、通行人らに啓発パンフレットを配布した。県生活安全課の担当者は「正しいルールを知ってもらい、事故を減らしたい」と話した。

産経新聞・千葉版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載