スタントマンが自転車事故を再現自転車事故、防止しよう 岡山・新見高校で交通安全教室

  • 一覧
スタントマンが自転車事故を再現して注意を呼びかけたスタントマンが自転車事故を再現して注意を呼びかけた

 JA共済連岡山と岡山県警は14日、岡山県新見市の県立新見高校南校地で「自転車交通安全教室」を開いた。スタントマンによる自転車事故の再現などを通じて、高校生に自転車の安全運転を呼びかけた。

 同校地では、生徒298人のうち約200人が自転車を利用して登下校している。生徒らはグラウンドで、スーパードライバーズ社(東京都)のスタントマン6人が再現する「自転車の飛び出し事故」「傘差し2人乗り運転による歩行者接触事故」などを見学。事故防止の心構えを学んだ。

 生徒会長で2年、三輪亮太さん(16)は「事故に対する危機感が強くなった。危険な運転をすることもあったので、これからは安全運転を心がけたい」と話していた。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載