自転車愛好家向けタオルなども提案「サイクリングしまなみ」に向けて協力要請 愛媛県知事がシマノ社長と会談

  • 一覧
シマノを訪問した中村知事(右)。自転車談義に花を咲かせた =堺市 のシマノ本社シマノを訪問した中村知事(右)。自転車談義に花を咲かせた =堺市 のシマノ本社

 愛媛県の中村時広知事は12日、「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会」(サイクリングしまなみ)など県が取り組む自転車文化活性化への協力を求めるため、世界有数の自転車パーツメーカーとして知られる大阪府堺市のシマノを訪問し、島野容三社長と会談した。

 自らサイクリング大会に出場するなど自転車愛好家として知られる中村知事は、自転車文化を発信する上で最高のパートナーに成り得ると考え、以前から同社に注目していたという。

 会談で中村知事は、深い思い入れを持って取り組んできた県の自転車文化振興策について説明した上で、10月26日に開催する瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会への協力を要請。そのほか、今治市内のタオル業者と自転車愛好家向けタオルの開発などで協業することを提案した。

 中村知事は「シマノは素晴らしい技術力を持った企業。県が一丸となって取り組んでいる思いを伝えることができた」とコメント。島野社長は「新しい自転車文化の創造に真剣に取り組んでいただいていることに感動を覚えた。今後、さまざまな形で協力の輪を広げていきたい」と話していた。

MSN産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載