ENJOY!SPORT BIKE 2012上り坂を堪能し、景観も楽しめるなだらかなコース 「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」事前ルポ

  • 一覧

 群馬・万座温泉へのアクセスルート「万座ハイウェー」で9月9日(日)、初めての自転車レース「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」が開催される。「Cyclist」記者は先週、実行委員会に協力して現地を視察した。全体的に斜度は緩やか(平均勾配4.4%)で急カーブもなく、初心者でも楽しみやすいコースだと確認。上級者にとっては、激坂がない分、失速が許されず、ハイスピードな展開となりそうだ。
 

(※映像は大会実行委員会提供)
 

走りやすさが魅力

 コースは、群馬県嬬恋村を貫く幹線道路、国道14号から少し上った万座ハイウェーの起点付近を出発。スタート時から上り坂になっているので、ビンディングペダルの装着などに注意が必要だ。しばらく進むと道はつづら折れになるが、急カーブではなく、傾斜自体もそれほどきつくないので、自分のリズムを守ってクリアしよう。

 しばらく進むと、嬬恋プリンスホテルや嬬恋高原ゴルフ場の敷地が現れる。このあたりからカーブが少なくなり、前後の見通しが比較的良いので、他の選手たちを意識しながら自分のペースを作りたい。4km付近で第一関門の料金所ゲートを通過。ここから中盤戦にさしかかるので、余力に合わせてペースを切り替えるポイントになるだろう。

大会の舞台となる「万座ハイウェー」大会の舞台となる「万座ハイウェー」

 その後もなだらかな斜面と緩いカーブが続き、上り坂を攻めつつ快適なライディングを堪能できる。道幅は十分に広いので、蛇行や急ハンドルを避け、安全なライン取りを心がけたい。第二関門となる嬬恋牧場の辺りは眺望が開けるので、余裕があれば、高原の景観を楽しむこともできそうだ。

 いよいよ終盤戦。地図上では道路の蛇行が目立つが、自転車で走るならカーブも緩く、気になるほどではない。ゴール地点まで上りは続くが、斜度の変化が少なく、一定のペースを守って走りきることがタイム短縮とゴール後の快感につながるだろう。

 ゴールの計測ポイントを過ぎると、そのまま少し下って、フィニッシュエリア(表彰式・イベント会場)へたどり着く。完走の喜びをかみしめ、仲間たちと健闘を称えあうことができる広々としたオープンスペースだ。

「安全」を“万全”に

 実際のレースでは、コースの走りやすさに加えて、安全の確保が重要。「Cyclist」記者が視察したところ、コース設定自体は道幅、カーブ、傾斜等に問題がなく、特に危険だと感じられる箇所はなかった。

 ただ、路面状況は、センターライン上に舗装の継ぎ目がみられるほか、路側帯では排水溝のふた(鉄格子)が段差になっており、ハンドルをとられたりパンクを招いたりする恐れもある。センターラインや路側帯のラインを踏まず、その内側を走るよう心がけたい。

 またレース終了後は、スタート付近にある大会メイン会場の駐車場まで自走で戻る選手も多い。帰りの下り坂の走行は、特に注意が必要だ。傾斜はそれほどきつくないものの、体が疲労しているうえ、ブレーキをかけ続けながら走ることになるので、接触や転倒をしないようスピードを抑えて走る必要がある。下りの走行については、大会実行委員会からの案内や注意事項を守ってほしい。

今中大介さん、白戸太朗さん参戦決定!

 「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」は初開催ながら、レースを盛り上げるさまざまな“仕掛け”も大会の魅力となっている。

大会サポーターを務めるプロビーチバレー選手の浅尾美和さん大会サポーターを務める浅尾美和さん

 大会のMCはサイクルライフナビゲーターの絹代さんが担当するほか、ゲストライダーとして、ツール・ド・フランス出場した今中大介さんと、プロトライアスリートの白戸太朗の参戦が決定。憧れのトップ選手と同じ大会を走ることができる。

 また、9月8日には大会の前夜祭が軽井沢プリンスホテルで開かれる(要予約、1人5000円)。大会サポーターを務めるプロビーチバレー選手の浅尾美和さんや、ゲストライダーの今中さん、白戸さんも参加予定で、トークショーなどを楽しむことができる。

 参加申込みの締切は当初、8月19日となっていたが、西武トラベルの受付のみ8月26日まで延長された。挑戦するかどうか迷っていたり、スケジュール調整に難航していたりする人も、あきらめないで参加を検討できる。
「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」参加申込みページ(西武トラベル)

■大会スケジュール

 <9月8日(土)>
12:00 受付開始 受付場所/大会メイン会場(嬬恋村商工会館前)
17:00 受付終了
*8日夜は、前夜祭を軽井沢プリンスホテルにて開始します。地元食材を取り入れたブッフェを楽しみながら、プロビーチバレー選手・浅尾美和さんら素敵なゲストを迎えてのスペシャルトークショーやVAX RACINGの選手が万座ハイウェーの攻略方法をレクチャー!

 <9月9日(日)>
7:00 大会メイン会場駐車場開聞
9:50 開会式、スタートセレモニー
10:00 競技スタート(クラス別にウェイブスタート)

■イベント概要

【大会名称】 ENJOY!SPORT BIKE 2012 嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会 ~浅間・白根・志賀さわやか街道を走ろう!~
【開催日】2012年9月9日(日)
【コース】万座ハイウェー特設コース(群馬県吾妻郡嬬恋村)
・スタート……………特設スタート地点(万座ハイウェー起点より先、約400m)
・フィニッシュ………特設フィニッシュ地点(万座ハイウェー終点より手前、約1km)
・データ…………… 総距離:約19.6km 標高差:約941m 平均勾配:約4.4%
【ゲスト】長沼隆行選手、黒岩信允選手(ともにVAX RACING所属)
【主催】嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会実行委員会[嬬恋村、(株)プリンスホテル、(株)フジテレビジョン、(株)UNITED SPORTS]
【協力】JA嬬恋村、嬬恋村議会、嬬恋村教育委員会、嬬恋村体育協会、嬬恋村連合婦人会、嬬恋村連合若妻会、三原区、嬬恋村交通指導員、嬬恋村商工会、西吾妻交通安全協会嬬恋支部、嬬恋村観光協会、万座温泉観光協会、西武高原バス(順不同)
【募集人員】2,500名(参加申込多数の場合、追加あり)
【参加料】7,000円(但し、中学生以下は5,000円) 
【参加資格】小学生(大会当日)以上の男女で、本コースを競技時間内に完走できる体力のある方
【募集期間】2012年5月21日(月) ~ 2012年8月19日(日) ※定員に達し次第締め切り。申込方法は先着入金順
【参加申込方法】公式サイト: http://www.enjoysport.jp/event/koihill/index.html
西武トラベル 03-6743-7173(9:30~18:00 土・休日を除く)
【注意事項】当日の交通規制時間以外で、万座ハイウェーを自転車で通行・試走することはできません。スケジュールは変更になる可能性があります。
【お問合せ】嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会実行委員会(株式会社アルゴ内) TEL:03-3431-5510(平日10時~18時)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載