開幕したジロ・デ・イタリアへ即投入スペシャライズドが新型ロードバイク「S-WORKS ターマック」を発表 サイズごとに設計を最適化

  • 一覧

 スペシャライズドは、ロードバイクの新しい旗艦モデル「S-WORKS ターマック」を発表した。

スペシャライズド「S-WORKS ターマック」スペシャライズド「S-WORKS ターマック」

 新しいターマックの開発コンセプトは、ライダーの大きさに合わせてフレームの特性を変える「ライダー ファースト エンジニアード」。フレームサイズごとに、ライダーが乗ることで実際に発生する負荷だけに基づいて個別に開発された。このコンセプトは、スペシャライズドとパートナーシップを結んでいる自動車F1レースのマクラーレン社が、マシンを開発する際にドライバーから繰り返しフィードバックを得て開発に反映させている手法にヒントを得たという。

東京都内で開かれた製品発表会東京都内で開かれた製品発表会
ヘッドチューブの径はフレームサイズに応じて最適化されたヘッドチューブの径はフレームサイズに応じて最適化された

 新しいS-WORKS ターマックは、フレームサイズが最小の49でも、大きめの58でも、どのサイズを選んでもまったく同じ乗り味を狙っている。従来のバイクは、各サイズで同じ性能を持たせようとした結果、異なる乗り味になっていたといえる。サイズごとにあえて違う性能を持たせることで、同じ乗り味を実現するという逆転の発想が取り入れられた。

 スペシャライズドでは、「体の大きさが異なるライダーのニーズを考慮して設計することで、ライダーの一人ひとりが最適なフレームを手に入れることにつながる」としている。

BB周辺の剛性もサイズごとにコントロールBB周辺の剛性もサイズごとにコントロール
シートクランプは内蔵型となったシートクランプは内蔵型となった

 具体的な開発手法は、従来の実験室における静的なねじれ剛性測定に替えて、ひずみゲージをバイクに取り付け、実走テストを繰り返し、走行中にかかる応力や、ライダーによって加えられる力をリアルタイムで測定。ライダーの感覚を数値として視覚化するデータ収集作業を繰り返した。その上で、各フレームサイズごとに必要な「パワー伝達性能」(後ろ三角の剛性)、「ステアリングレスポンス」の2つの測定値を基準とし、サイズ別に固有の性能目標が設定された。

 こうした手法により、あらゆる身長のライダーに対してクライミング、スプリント、コーナリングなどのパフォーマンスが総合的に向上。ライダーの体格に応じた最適なライディングが実現された。

■スモールサイズ(49、52)
前三角の剛性をあえて落とし、コーナリング性能をアップ。パワー伝達も17%向上。空力性能、縦方向のしなやかさも改善した。

■ミディアムサイズ(54、56)
ステアリングレスポンスを向上させ、追従性も改善。パワー伝達は15%向上。空気抵抗は軽減した。

■ラージサイズ(58)
ステアリングレスポンスを28%向上させ、追従性も改善。パワー伝達は16%向上した。

空力性能を向上させるためフォークは偏平度を増した空力性能を向上させるためフォークは偏平度を増した
ヘッド周りはスッキリとしたシルエットにヘッド周りはスッキリとしたシルエットに
シートステーは各フレームサイズごとに専用設計シートステーは各フレームサイズごとに専用設計

 ヘッドチューブには、フレームサイズによって異なるサイズのベアリングを採用し、各サイズごとに開発時の性能目標を達成した。また、各フレームサイズ専用のシートステイが、最適なパワー伝達およびハンドリングのためのリヤエンド剛性を実現した。

 フロントフォークは、同社のエアロロード「ベンジ」のように空力性能を考慮して偏平化された。シートクランプは内蔵タイプとなり、シートピラー周辺の外観はスッキリ。また、パワー伝達の向上を狙い、チェーンステーはボリュームが増した。

チェーンステーは強化してパワー伝達をアップチェーンステーは強化してパワー伝達をアップ

 従来モデルは「S-WORKS ターマック SL4」のように記号が付記されたが、今回から単に「S-WORKS ターマック」と呼ばれる。

 スペシャライズドの米国本社では、S-WORKS ターマックのディスクブレーキ搭載モデルも発表された。国内販売は未定。

NEW S-WORKS TARMAC DURA-ACE
価格:910,000円(完成車、税込)
サイズ:49、52、54、56cm
カラー: グロスホワイト/サテンカーボン/ブラック/レッド、サテン/グロスカーボン/ホワイト

NEW S-WORKS TARMAC FRAMESET
価格:450,000円(フレームセット、税込)
サイズ:49、52、54、56、58cm
カラー:サテン/グロスカーボン/レッド/ホワイト、サテン/グロスカーボンクリーン、グロスホワイト/サテンカーボン/ブラック/レッド、サテン/グロスカーボン/ホワイト

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク|30~50万円スペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク|50万円以上

30~50万円 50万円~ スペシャライズド フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載