大会・イベント情報2014220kmコースを新設、計3000人を募集 「ツール・ド・東北 2014」9月14日開催

  • 一覧

 東日本大震災の被災地復興を支援するサイクリング大会「ツール・ド・東北 2014」の開催概要が発表された。昨年に続き第2回目となる大会は9月14日、宮城県の石巻市を会場とし、女川町、南三陸町、気仙沼市をコースに含めて開催される。今年は、最長距離となる220kmのコースが新設されるほか、募集人員は前回の1500人から、4コースで計3000人へと拡大される。エントリー受付は6月10日から。(写真は大星直輝撮影)

宮城県石巻市の北上川河口沿いの道を走る参加者 =2013年大会より(大星直輝撮影)宮城県石巻市の北上川河口沿いの道を走る参加者 =2013年大会より

東北の復興支える“10年構想”のサイクリング大会

 「ツール・ド・東北」は、まだ道半ばの東北の復興を支えるため、10年の継続開催をひとつの目標として昨年始まった。毎年開催していくことで、現地の方々、出走者やその同行者、ボランティアスタッフまで、イベントに関わる全員が復興への道のりを共に歩み、少しでも復興の後押しにつながるよう努める狙いがある。

 2年目となる今大会は、今後もイベントを発展させるため、昨年以上に多くの参加者や同行者を集める方針だ。昨年と同様に順位やタイムを競うレースではなく、楽しく走ることを目的としたファンライド形式で開催される。

スタートのゲートをくぐる参加者 =2013年大会より(大星直輝撮影)スタートのゲートをくぐる参加者 =2013年大会より
沿道からはたくさんの声援を送られた =2013年大会より(大星直輝撮影)沿道からはたくさんの声援を送られた =2013年大会より
大会前日のステージイベントには、ツール・ド・東北のアンバサダーとなったタレントやスポーツ選手らが参加した =2013年大会より(大星直輝撮影)大会前日のステージイベントには、ツール・ド・東北のアンバサダーとなったタレントやスポーツ選手らが参加した =2013年大会より

 また、より広く被災地域の現状を感じたいという声に応えるため、気仙沼を折り返し地点とする220kmコースが新設された。

 一方で、サイクリングイベントに参加しなくても、現地で参加できるイベントや、インターネットを通じてバーチャルに参加できる仕組みが今年も導入される。例えば、現地の民家に滞在して交流できる「民泊」や、インターネット上で参加する「みんなの復興ライド」など、リアルとインターネットをかけあわせた取り組みを予定しているという。

2011年3月には甚大な被害を受けた女川町の道を駆ける参加者 =2013年大会より(大星直輝撮影)2011年3月には甚大な被害を受けた女川町の道を駆ける参加者 =2013年大会より

「ツール・ド・東北 2014」開催概要

<開催概要>
大会名称: ツール・ド・東北 2014(Tourde TOHOKU2014)
主 催: 河北新報社、ヤフー
主 管: ツール・ド・東北2014実行委員会
共 催: 宮城県、宮城県教育委員会、石巻市、気仙沼市、女川町、南三陸町、東北地域づくり協会、三陸河北新報社、A.C.O inc.
運営協力: 日本自転車競技連盟、日本サイクリング協会、宮城県自転車競技連盟、宮城県サイクリング協会
特別協力: TBSテレビ、石巻専修大学
開催日: 2014年9月13日(土)受付、14日(日)大会当日
スタート時間: 05:30(予定)
終 了: 17:30(全フォンド終了予定)
開催場所: 石巻市・女川町・南三陸町・気仙沼市
会 場: 石巻専修大学(スタート&ゴール)
募集人員: 3,000名
募集期間: 2014年6月10日(火)~6月24日(火)予定
結果発表: 2014年7月1日(火)予定
応募方法: 公式サイトからの申し込み
※申込者多数の場合は、抽選で参加者を決定する。エントリー要綱等の詳細は、6月10日(火)に公式サイトで公開される。
<コース・エントリー料>
・気仙沼フォンド(220㎞) 15,000円
・南三陸フォンド(170㎞) 11,000円
・北上フォンド(100km) 9,000円
・女川・雄勝フォンド(60km) 7,000円
※コースのルートや距離は変更になる可能性がある

温かい茶碗蒸しを提供するエイドステーションのスタッフ =2013年大会より(大星直輝撮影)温かい茶碗蒸しを提供するエイドステーションのスタッフ =2013年大会より

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・東北

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載