東海地方のシリーズ戦、初の100km超で開催イナーメの中村龍太郎が逃げからのマッチスプリントを制す AACAカップ第8戦

  • 一覧

 東海地方で開催されているロードレースのシリーズ戦「COUPE DE AACA」(AACAカップ)の第8戦が5月3日、岐阜県の国営木曽三川公園で開催された。「チャンピオンシップ100」と題した今大会は、トップカテゴリーの1-1クラスが、今シリーズで初めて100kmを超える102kmの距離で争われた。レースは2人による逃げが決まり、ゴール前の一騎打ちを制した中村龍太郎(イナーメ信濃山形)が優勝した。

優勝争いの先頭2人、中村龍太郎(右、イナーメ信濃山形)と水野貴行(左、シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDA)優勝争いの先頭2人、中村龍太郎(右、イナーメ信濃山形)と水野貴行(左、シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDA)

 この日はゴールデンウィーク後半の初日で、晴天にも恵まれ、多くの選手が参戦した。コースは同会場で通常行われるレースの逆回りで設定され、1-1クラスは5.1kmを20周回する。イナーメ信濃山形、シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDA、JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス、名岐ベンド、KINAN AACAといった有力チームは複数名の選手をそろえて勝利を目指し、このコースでの優勝経験者も軒並み顔をそろえた。

激しい周回賞争い

 序盤から各チームがそれぞれアタックを掛け合って逃げ集団の形成を試みるも、決定的な動きにはならなかった。目立ったのは、森本誠(イナーメ信濃山形)、中西重智(JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス)の2人。どちらかが常に先手を打ってアタックし、それによって集団が活性化していく。

積極的に動いて周回賞を獲得した中西重智(JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス)積極的に動いて周回賞を獲得した中西重智(JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス)

 そして周回賞に向けて皿屋豊(イナーメ信濃山形)が動いた。これに追随し、水野恭平、若杉圭祐(シエルヴォ奈良MIYATA-ERIDA)、中西、木村吉秀(JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス)、中村龍太郎(イナーメ信濃山形)、比護任(NFCC-コンペティション)と皿屋の7人が逃げ集団を形成。メーン集団と最大30秒ほどのタイム差を保って周回賞争いへ突入した結果、最後は中西が皿屋との一騎打ちを制した。

 その後しばらくすると、逃げ集団から皿屋が遅れ始め、まもなくメーン集団が逃げ集団を吸収。レースは振り出しに戻った。

優勝候補が落車の波乱 そして決定的なアタック

 その後も集団のペースは落ち着くことなく、アタックと牽制が繰り返され、一人また一人と数を減らしながら周回を重ねていった。そんな中、序盤から積極的に動いていた森本誠と中西重智がゴール地点通過後のコーナーでそろって落車。優勝候補の2人が、ともに落車の影響によるメカトラブルでリタイヤとなった。

決定的な逃げのきっかけを作った中井唯明(瀬田工業高校)決定的な逃げのきっかけを作った中井唯明(瀬田工業高校)

 集団は一時、トラブルに見舞われた森本と中西を待ったが、復帰できないことを確認してレース再開。先頭のメーン集団は10人ほどに絞られていった。そこに残ったただ一人の高校生、中井唯明(瀬田工業高校)がアタックを仕掛け、反応した水野貴行(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDA)と中村龍太郎(イナーメ信濃山形)が合流。積極的にローテーションをして逃げを確実なものにした。

 その後、逃げる3人から中井が遅れ、優勝争いは水野、中村の2人に絞られた。後続集団はこの段階で筧五郎、山下裕大(イナーメ信濃山形)、近藤良亮(KINAN AACA)、水野恭平、木村の5人となり、先頭とは2分以上の差となる。先頭交代をしながら周回を重ねる逃げの2人は、水野貴行が先頭を引く時間が長いように見受けられた。

 そして迎えたゴール。最後の坂を中村がもがき始めた瞬間に勝負がついた。ラスト200mで水野は完全に失速。中村龍太郎がスプリントで水野を寄せ付けず、優勝を飾った。

本場ヨーロッパのレースを目指して

100kmを超える1-1クラスを制した中村龍太郎(イナーメ信濃山形)100kmを超える1-1クラスを制した中村龍太郎(イナーメ信濃山形)

 AACAカップでは今回、100kmを超えるレースを初めて開催したが、ロードレースは本来、長い距離で争われるもの。日本で行われるレースの多くが100kmに満たない短い距離という中で、日本のロードレースの競技レベルが世界水準に近づくことを切に願ってAACAカップは運営されている。

 シリーズ第9戦は5月11日、岐阜県の平田リバーサイドプラザ特設コースで開催される。現在、9月の第16戦までの開催が予定されている。

レポート 加藤康則(KINAN AACA)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載