“超”こだわりのチタン電動アシスト パナソニック「チタンフラットロードEB」

  • 一覧

 電動アシストのスポーツバイク。パナソニックの「チタンフラットロードEB」は、そんな一見不釣合いな組み合わせに真剣に取り組んだモデルだ。国内自転車メーカーの雄である同社が徹底的にこだわった逸品は、こだわりすぎて標準価格68万円~というお化け自転車になっている。

パナソニック チタンフラットロードEBパナソニック チタンフラットロードEB

 フレームには軽量で振動吸収性に優れたチタン合金を採用。国内の工場で熟練の職人によって一本一本手作りされる。フロントフォークはカーボンファイバー製。パーツはシマノDEOREを中心にセレクトされ、ブレーキは前後ともに油圧式のディスクブレーキだ。完成車で15.9kg(480mmモデル・8Ahバッテリー時)という重量は、電動アシストバイクとしては画期的な軽さを実現している。

フロントフォークはカーボン製。ブレーキはディスクブレーキだフロントフォークはカーボン製。ブレーキはディスクブレーキだ
リアスタンドもスタイリッシュ。ブレーキは後輪もディスクブレーキだリアスタンドもスタイリッシュ。ブレーキは後輪もディスクブレーキだ

 バッテリーも8Ah/12Ahの大容量リチウムイオンバッテリーを採用。8Ahのスタンダードタイプでも、パワーモードで約41kmのアシスト距離を実現。スポーツライドに十分耐えるものとなっている。12Ahの長距離タイプをロングモード使用の場合は、実に約78kmのアシスト走行が可能だ。

バックライト付き液晶メーターを搭載。電池残量やアシスト状態から、速度や走行距離、消費カロリーまで幅広い情報を見やすい液晶画面に表示バックライト付き液晶メーターを搭載。電池残量やアシスト状態から、速度や走行距離、消費カロリーまで幅広い情報を見やすい液晶画面に表示
バッテリーはスタンダードで8Ah。12Ahの大容量タイプも選べるバッテリーはスタンダードで8Ah。12Ahの大容量タイプも選べる

 またこのバイクはカスタムオーダーモデルとなっており、サイズやカラー、オプション装備などを幅広いバリエーションから選んで、自分好みの一台に仕上げることができる。国内マスプロメーカーでは初めてオーダーバイクを実現した同社の、もの作りへのこだわりが詰まったスペシャルバイクとなっている。

チューブの細かい段差は、チューブの厚みを変化させるアウトバテッド。重量と剛性のベストバランスを追求しているチューブの細かい段差は、チューブの厚みを変化させるアウトバテッド。重量と剛性のベストバランスを追求している
加工の難しいチタン製フレームは、国内の工場で熟練の匠が一台一台溶接して作る加工の難しいチタン製フレームは、国内の工場で熟練の匠が一台一台溶接して作る

 スポーツバイクに電動アシストは“邪道”と思われるかも知れないが、脚力に自信のないユーザーでも、悠々と快適に風を切り、丘を越えて、“自転車目線”で風景や空気感を楽しむことができる。簡単に手を出せる価格ではないが、全く新しいサイクリング体験を得られるスーパーマシンだ。

 
パナソニック サイクルテックの紹介ページ

 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

パナソニック・サイクルテック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載