【サンケイスポーツ紙面より】日向涼子、立山黒部を自転車で疾走 「自分を追い込みます!」

  • 一覧
過酷な低酸素レースに挑む美人サイクリスト、日向涼子 (サンケイスポーツより)過酷な低酸素レースに挑む美人サイクリスト、日向涼子 (サンケイスポーツより)

 モデル、日向涼子が富山・立山黒部アルペンルートを自転車で走る「立山アルペンヒルクライム2014」(6月22日開催)に出場する。

 ヒルクライムは、山や丘陵の登坂競技。競技歴4年目で、産経デジタルの自転車情報サイト「Cyclist」でコラムを連載している日向は「年に1度、このときしか走れないので楽しみです。いつも本気で走るので、景色を見る余裕がないのですが、『天空ロード』だけに見ないともったいないですよね」と、絶景コースをPRする。

 日向が出場する「ロングコース」は、標高977メートルの立山ケーブルカー、美女平駅特設会場を出発し、同2450メートルの室堂特設会場がゴール。距離22.3キロ、標高差1473メートル、平均勾配6.6%と国内トップクラスの難易度を誇る。

過酷な低酸素レースに挑む美人サイクリスト、日向涼子 (サンケイスポーツより)

 低酸素のレースに「どうしよう」と戸惑いながらも、「いつも『頑張れ』と声を掛けてもらって私も頑張ることができる。今回はゲストなので皆さんの応援をしながら、自分を追い込みます!」と目標を語った。

 さらに「鳥のさえずりや風、景色で普段の生活をリセットできると思います」とも。ゴールには地元名物の食べ物も準備され、立山を満喫できる1日になりそうだ。

サンケイスポーツ紙面より)

日向 涼子 日向 涼子(ひなた・りょうこ)

企業広告を中心に活動するモデル。食への関心が高く、アスリートフードマイスター・食生活アドバイザー・フードアナリストの資格を持つ。2010年よりロードバイクに親しみ、ヒルクライム大会やロードレース、サイクリングイベントへ多数出場。自転車雑誌「ファンライド」で『銀輪レディの素』を連載中。ブログ『自転車でシャンパンファイトへの道』( http://ameblo.jp/champagne-hinata/ )


大会概要

 当日は日向の参加する「ロングコース」に加え、難度が低く設定された「ネイチャーライドコース」も実施。標高1930メートルの弥陀ヶ原特設会場がスタートで、ゴールは「ロング」と同じ。距離7.6キロで、順位はつけず自然を堪能しながら走る。参加人員は「ロング」が300人、「ネイチャーライド」は50人を予定。問い合わせはトップツアー富山支店(電話076・431・7638)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム 日向涼子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載