走破すると、また訪れたくなる橋を巡り、島を感じた90km サイクリストの聖地「しまなみ海道」一日縦走記

  • 一覧

 広島・尾道と愛媛・今治を結ぶ「しまなみ海道」は、本州と四国の間を自転車で走破できる唯一のルートだ。今や日本国内はもとより、海外のサイクリストの間でも知名度が高くなっている。いつかは走ってみたい―と思っていた憧れのコースを、ついに訪れる機会がやってきた。瀬戸内の多島美を、自転車で巡っていこう。 (レポート 米山一輝)

しまなみ海道の代名詞とも言える来島海峡大橋。美しく壮大な眺めしまなみ海道の代名詞とも言える来島海峡大橋。美しく壮大な眺め

 今回は尾道から今治まで、途中6つの島を縫うように走る。1979年に本四架橋で最初に開通した大三島橋から、最も新しく1999年に開通した、世界初の3連吊り橋でもある来島海峡大橋など、架かる橋もバラエティに富んでおり、本四架橋の歴史を巡ることができるルートでもある。

最新ロードバイクで快適サイクリング

今回使用した「GIANT DEFY 3」。ヘルメットやライトなどのアクセサリーも同時にレンタル可能今回使用した「GIANT DEFY 3」。ヘルメットやライトなどのアクセサリーも同時にレンタル可能

 愛車を持っていくのも良いが、レンタサイクルも便利。しまなみ海道を全線走破すると最低でも約70kmあり、走り通すならスポーツバイクを選びたい。今回は「ジャイアントストア尾道」のレンタサイクルを利用。尾道に新しくオープンしたサイクリスト向け複合施設「ONOMICHI U2」内に今年3月オープンした同ストアは、駅からも徒歩約5分とアクセスしやすい。

 お借りしたバイクは「DEFY 3」というモデル。完成車価格10万円(税抜)、シマノSORAコンポのアルミロードバイクだ。高級モデルではないが、ロードバイクとしての基本性能は必要にして十分。最新モデルで、整備状態も良いのが嬉しい。

自転車に乗って担いで楽しんだ尾道の景観

尾道駅と、山頂にそびえ立つ「尾道城」尾道駅と、山頂にそびえ立つ「尾道城」

 しまなみ海道を走る前日、尾道市内を少しだけサイクリングしてみた。個人的に気になっていたのが、尾道駅の裏の山上にそびえ立つ「尾道城」だ。よく見ると窓がガラス張りで、つまり「お城風の何か」なのだが、B級スポット好きには逆にワクワクさせられる。

 山の裏側から上り、お城(残念ながら、だいぶ前に閉鎖されていた)や展望台、千光寺公園を一通り巡って、眼下の展望を楽しんだ。この日はスニーカーでバイクに乗ったので、帰りは表側の急な階段をバイクを担いで下った。パノラマの風景が徐々に手が届く距離になるのが楽しい。軽量で担ぎやすいスポーツバイクなら、乗るだけじゃなくこういう楽しみ方もありだ。

山上から尾道水道を一望することができる。向こう側は向島。ONOMICHI U2の建物も画面右1/4付近に見える山上から尾道水道を一望することができる。向こう側は向島。ONOMICHI U2の建物も画面右1/4付近に見える
駅裏の千光寺山にはロープウェイで上ることも可能。見るからに展望抜群だ駅裏の千光寺山にはロープウェイで上ることも可能。見るからに展望抜群だ
自転車を担いで階段を下った。尾道は猫のまちとしても知られる。ちょうど黒猫が道を横切った自転車を担いで階段を下った。尾道は猫のまちとしても知られる。ちょうど黒猫が道を横切った
最後は狭いJRの踏切を渡る。この地区の電車は黄一色への塗り替えが進んでおり、写真のカラーは数を減らしている最後は狭いJRの踏切を渡る。この地区の電車は黄一色への塗り替えが進んでおり、写真のカラーは数を減らしている

まずは渡船 いざ、しまなみへ

 さあ、しまなみの旅に出発しよう。

尾道駅前から渡船に乗れる。このほかにも全部で5ルートほど渡船があるそう尾道駅前から渡船に乗れる。このほかにも全部で5ルートほど渡船があるそう

 まずは尾道駅前の港から、渡船で向島(むかいしま)に渡る。「全部自転車で走れる」というテーマがいきなり崩れてしまうが、向島に渡る尾道大橋は自転車で走るのにあまり適さない構造で、駅からは少々遠回りになってしまうこともあり、渡船利用が推奨されている。

 船は頻繁に運航されており、料金も100円程度。生活の足として、ママチャリと共に乗る人も見られる。瀬戸内海では船がかなり気軽に使われているという印象を受けた。

 5分ほどの乗船で向島に到着。渡船のターミナルを出ると、すぐにルートを示す「ブルーライン」が引かれているのが嬉しい。四国へのサイクリングのスタートだ。

島々を巡り、しまなみ海道の奥へ奥へ

 「島に来た」という実感はさほどないまま8kmほど走ると、最初に渡る「因島大橋」が見えてきた。本四架橋の大動脈、瀬戸大橋に似たフォルムの2層構造(実はこちらが元祖らしい)。下層を歩行者と自転車、原付バイクが走る。橋へのアプローチは少々細い道を入っていくが、ブルーラインが引かれていて分かりやすい。それでもボヤボヤしていると曲がる道を見落として、突然ブルーラインがなくなったりするので、注意深く進もう。

ブルーラインに沿って、橋へのアプローチの細道に入っていくブルーラインに沿って、橋へのアプローチの細道に入っていく
最初の橋を目の前に、ちょっとテンションが上がります最初の橋を目の前に、ちょっとテンションが上がります
2層構造の橋。自動車道の下層を走る2層構造の橋。自動車道の下層を走る

 因島(いんのしま)に渡ってすぐにある「はっさく屋」のはっさく大福は絶品。ここにはサッカーのマンチェスターユナイテッドをサポートする万田発酵の本社もある。5kmほどで次の「生口橋」に至る。すぐ向こうに見える陸地が違う島というのは、何だか不思議な感覚。橋を渡って逆方向から今まで走ってきた島を見返すのも、また不思議な感覚だ。

有名な「はっさく大福」(手前左)はもちろん、3Lサイズのイチゴを使った「じゃんぼいちご」(手前右)もおすすめ有名な「はっさく大福」(手前左)はもちろん、3Lサイズのイチゴを使った「じゃんぼいちご」(手前右)もおすすめ
因島には「万田酵素」で知られる万田発酵の本社がある。本社工場には、植物用万田酵素を使用して通常より大きいサイズの野菜などを育てる「万田びっくりファーム」を併設因島には「万田酵素」で知られる万田発酵の本社がある。本社工場には、植物用万田酵素を使用して通常より大きいサイズの野菜などを育てる「万田びっくりファーム」を併設
万田発酵はマンUの公式サプリメントパートナー。香川選手らのパネルがある万田発酵はマンUの公式サプリメントパートナー。香川選手らのパネルがある
生口橋は橋脚からまっすぐケーブルを張って支える斜張橋だ生口橋は橋脚からまっすぐケーブルを張って支える斜張橋だ
歩道のすぐ横にケーブルが連なる歩道のすぐ横にケーブルが連なる

 生口島(いくちじま)は海道上で広島県最後の島。ここまで来ると、本州側との関わりよりも、島として独立した文化圏という印象だ。先に渡った生口橋と、続く「多々羅大橋」は、巨大な斜張橋で、橋脚から斜めに真っ直ぐ張られたケーブルが精悍なイメージ。多々羅大橋は開通当時、この種の橋では世界最長だったそうだ。橋の両端がそれぞれ歩行者・自転車と、原付の道路となっている。自転車が通るのは、いわゆる「自歩道」の扱いとなるため、通行時は歩行者優先でスピードを調整したい。

 橋を渡れば、いよいよ愛媛県だ。

昔ながらの商店街もサイクリストオアシスを掲げる昔ながらの商店街もサイクリストオアシスを掲げる
多々羅大橋は生口橋より長く、橋脚も大きい多々羅大橋は生口橋より長く、橋脚も大きい
多々羅大橋ではケーブルが車道と歩道の間に張られている多々羅大橋ではケーブルが車道と歩道の間に張られている

サイクリスト必見の神社、造船所、そしてクライマックスの3連吊り橋

大山祇神社の大鳥居大山祇神社の大鳥居

 大三島(おおみしま)は、しまなみ海道で一番大きな島だ。島の名前はその大きさに由来するものではなく、全国の「三島神社」の総本社である大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)の別名の「大三島」が、そのまま呼び名になったという。古くから神の島として栄え、国の名勝にも指定されている。大山祇神社にはユニークな「ヘルメット守」もあり、最短ルートからは外れてしまうが、ぜひ立ち寄りたい。

これが「ヘルメット守」だ。裏に両面テープが貼られており、ヘルメットの中に付けて使うこれが「ヘルメット守」だ。裏に両面テープが貼られており、ヘルメットの中に付けて使う
大三島橋は、本四架橋のなかでは一番最初、1979年に開通した橋だ大三島橋は、本四架橋のなかでは一番最初、1979年に開通した橋だ
伯方島の造船所。巨大な船が目前にそびえ立つ伯方島の造船所。巨大な船が目前にそびえ立つ

 次に現れた「大三島橋」は、海道上に架かる他の橋に比べると少々可愛らしい。この橋を渡ると、伯方島(はかたじま)だ。「伯方の塩」が全国的に有名だが、造船の島でもある。ブルーラインから少し脇道にそれると、造船所のすぐ横を通り、建造中の船を間近に大迫力で見ることができる。

分割して作られたパーツを組み上げ、溶接していく分割して作られたパーツを組み上げ、溶接していく
伯方・大島大橋は、2つの橋が一体となっている。こちら側は伯方橋伯方・大島大橋は、2つの橋が一体となっている。こちら側は伯方橋
伯方橋から連なる吊り橋が大島大橋。渡れば大島だ伯方橋から連なる吊り橋が大島大橋。渡れば大島だ

 2つの橋が一体となっている「伯方・大島大橋」を抜け、大島(おおしま)の丘を越えると、いよいよ四国への最後の橋「来島海峡大橋」が目前に迫る。美しい3連吊り橋の展望は、しまなみ海道と言えば必ず出てくる有名なものだ。途中に2つの小島を飛び越え、全長は4kmを超える。さすがに長い。因島大橋と違って車道と同じ階層を走り、垂れ下がるケーブルを真横に見られるのも面白い。

いよいよ最後の橋。壮大な3連吊り橋が見えてきたいよいよ最後の橋。壮大な3連吊り橋が見えてきた
来島海峡大橋を渡る。ケーブルなどの構造を間近に見ることができる来島海峡大橋を渡る。ケーブルなどの構造を間近に見ることができる

ついに今治に到着 レンタサイクルなら帰りもラクラク

全部渡りきりました!全部渡りきりました!

 四国に上陸しても、ブルーラインは続く。JRの線路の隣を走り、30分足らずで目的地の今治駅前に到着した。高架化された駅の1階に「ジャイアントストア今治」があり、ここがこの日のゴールだ。しまなみ海道の両端にジャイアントストアが位置することで、一方で借りたロードバイクを、もう一方で返却する“乗り捨て”が可能になった(乗り捨てには予約と別料金が必要)。シャワーやロッカールームもあり、電車に乗る前にキレイに身だしなみを整えられる。自転車を返却して身軽になれば、お土産をたっぷり買う余裕も生まれる。

ついに今治駅に到着ついに今治駅に到着
駅1階にあるジャイアントストア今治。品揃えはもちろんロッカーやシャワーなど設備も充実駅1階にあるジャイアントストア今治。品揃えはもちろんロッカーやシャワーなど設備も充実
JR四国の特急「いしづち」。8000系特急電車は振り子式で急カーブをものともせず走るJR四国の特急「いしづち」。8000系特急電車は振り子式で急カーブをものともせず走る

 駆け足での縦断だったが、それでも島ごとの文化や魅力を垣間見ることができた。この日の走行距離は約90km。もちろん、見たかったものを全て1日で見られるわけがなく…そちらも、あちらも面白そうだったよなぁ、というポイントがいろいろ思い浮かぶ。しまなみ走破は、次なるしまなみ来訪の始まりなのかも知れない。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道 ジャイアント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載