電動アシストでスイスイ 道交法では「自転車」“歩くように走る” 新コンセプトの「ウォーキングバイシクル」誕生 10月発売へ

  • 一覧

 歩くようにペダルを踏むことで前進する、クルマでもオートバイでも従来の自転車でもない「ウォーキングバイシクル」が発売されることになり、4月30日に記者発表会が開かれた。自動車部品メーカーの片山工業が開発した、新しいコンセプトの乗り物だ。

塗装にもこだわったカラーは4種類塗装にもこだわったカラーは4種類

 東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた記者会見には、片山工業の片山昌之社長らがウォーキングバイシクルに乗って登場。クルマにもオートバイにもない“歩く”という動作を取り入れたウォーキングバイシクルの狙いについて、片山社長は「健康づくりをサポートして、日本を元気にしたい」と語った。

 ウォーキングバイシクルのコンセプトは、「歩くより速く、自転車よりも簡単に運転できる乗り物」。安定性のある3輪構造で、歩くような動作をペダルに与えると、電動アシスト機能によってパワーが増幅され、スイスイと前進する仕組みになっている。運動や移動の手段としてだけでなく、乗る楽しさ、気持ちよさも追求したという。

ペダルを折りたためるため、車体の横に出ずに押し歩くことができるペダルを折りたためるため、車体の横に出ずに押し歩くことができる
ウォーキングバイシクル(ブリリアントレッド)ウォーキングバイシクル(ブリリアントレッド)

 5段変速、アシスト機能はローからハイまでの3段階で、フルに充電すれば約20km走行できる。道路交通法における普通自転車の規格に準拠しているので、車道通行が基本だ。

 見た目の印象よりも小回りが利き、ディスクブレーキによって制動性は高い。ペダルはスイッチひとつで収納できるため、自転車のように車体の横に出ることなく押し歩きできる。またぐという動作が必要ないので、スカートで乗りやすい点もポイントだ。

ディスクブレーキを採用ディスクブレーキを採用
乗る楽しさは「ウォーキングバイシクル」のポイント乗る楽しさは「ウォーキングバイシクル」のポイント

 製品化にあたっては、デザイン家電ブランド「アマダナ」のプロダクトデザイナーとして知られる鄭秀和氏や、ブランドコミュニケーションの専門家として活躍するプロデューサーの残間里江子さんらが開発メンバーに加わり、デザイン性やファッション性を追求した。またメイドインジャパンにもこだわり、ハンドメイドの鋳物フレーム、高品質な塗装を採用。バッテリーやモーターなども日本製だ。

 価格は29万円程度になる見込みで、7月に予約開始、10月発売予定。予約開始に合わせて、試乗などができるショールームを東京・表参道にオープンさせるという。

片山昌之社長(中央)とプロジェクトメンバーら片山昌之社長(中央)とプロジェクトメンバーら
「walking bicycle club」(wbc)のロゴ「walking bicycle club」(wbc)のロゴ

「ウォーキングバイシクル」
価格:29万円前後
カラー:ブリリアントレッド、もえぎグリーン、シャンパンゴールド、さくらピンク
発売日:7月予約開始、10月発売予定

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載