工具はともだち<45>一本で便利な「モンキレンチ」 その個性的な名前の由来とは?

  • 一覧
今回は一本でマルチに活躍する便利な「モンキレンチ」を紹介今回は一本でマルチに活躍する便利な「モンキレンチ」を紹介

 なにかとバタバタする時期ですね。毎年の事ですが、ビジネスマンな私は、関西と東京を週に数回往復する機会が増える時期であります。お陰さまで、東京と関西の“桜”を堪能させていただくことができました。工具に新たに触れられる方が多くなる時期、今回も、これは押さえておいて欲しいという情報をお届けしましょう。

 最近ご紹介させていただいているスパナや、めがねレンチは、ボルト・ナットのサイズに応じて、サイズが変われば、別のレンチが必要となる、いわゆる単サイズ対応型のモノが殆どです。良い点は、キッチリとボルト・ナットのサイズに合うため、ボルト・ナットを痛めにくいという点があります。ただし、ボルト・ナットのサイズが多い場合は、多くのレンチを使い分けなければならないという弱点もあります。

 できれば、一本でたくさんの種類のボルト・ナットを締め緩めしたい、なんて思いもでてきますよね。そんな人に便利なのが今回のコレ。

 「アジャスタブル」って英語があります。翻訳すると「調整ができる、加減が出来る」となるこの意味を持ったレンチ類があるのです。Adjustable Wrench(アジャスタブルレンチ)類とよばれ、シリーズの総称と考えていただければよいかなと思います。

モンキレンチの各部名称モンキレンチの各部名称

 代表的なものは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「モンキレンチ」。英語での俗称もMonkey wrenchですが、正式には、このアジャスタブルレンチに含まれます。

 モンキレンチの名前の由来は、この工具の原形を発明したCharles Moncky氏の名前に由来するという説や、モンキレンチの原形となった工具の頭部が、猿のような形をしていたという説などがあるそうです。ちなみに、ついつい「モンキー」と伸ばしたくなりますが、JISでの規格名称が「モンキレンチ」なので、通っぽく伸ばさず呼んであげてくださいね。

 私の家では小さいころから、父親が自転車などのメンテナンスや、家の修理などをしていたおかげで、非常に身近に思える工具です。よくモンキ、モンキって言いながら、工具で遊んだりした記憶が思い出されます。

パイプを回す「パイプレンチ」パイプを回す「パイプレンチ」
ナットの保持方法が異なる「タイロッドロックナットレンチ」ナットの保持方法が異なる「タイロッドロックナットレンチ」

 これらのアジャスタブルレンチに含まれる工具類は、モンキレンチの他に、上あごと下あごの歯を引っかけることで水道管やガス管などのパイプを回すことができる「パイプレンチ」、そしてナットの角を包み込むように保持できる「タイロッドロックナットレンチ」があります。タイロッドロックナットレンチは、自動車のタイロッドのロックナットを締めたり、緩めたり出来るレンチですが、モンキレンチとしても使うことが、可能です。

 使い方は、いたって簡単。ウォームと呼ばれる調整部がありますので、それを回して、ボルト・ナットが口径部に入るまで広げます。次に、上あごの面をボルト・ナットにピッタリつけた状態で、ウォームが回らなくなるまで下あごを寄せ、ガタが無いことを確認してから回します。注意してほしいポイントは、レンチを回す方向。必ず図のように下あご側に回して下さい。逆に回してしまうと、工具を壊す原因にもなりますし、怪我をしてしまう可能性も増加します。

 ここで、復習!! スパナを紹介した時に、ボルト・ナットをスパナは2点で捉えているというお話をしました。実は、このモンキをはじめとしたアジャスタブルレンチの大半は、スパナ同様ボルト・ナットを2点で捉えるモノが多いので、大きな力が必要な場合には、向かない友達(工具)なんですね。

 少々ふくよかなボディを持っていますが、めがねレンチなどに比べると、包み込む力は弱いです。そういえば、そういう男子も最近チラホラ見かけますね。お使いの際には気をつけてくださいね。

小池覚(こいけ・さとる)

KTC(京都機械工具)へ入社後、販売企画や商品開発に携わる。学生時代から二輪、四輪が趣味で、整備経験が豊富。自転車は実は始めたばかりだが、工具のプロとして、サイクリストにも整備の“いろは”を伝えることに燃えている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

メンテナンス 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載