有料観覧席の設置を明言「さいたまクリテリウム2014」10月25日開催へ 実行委員会が発足

  • 一覧
3月22日の会見で、基本合意書に調印した清水勇人さいたま市長(右)とASO社のジャン・エティエンヌ・アモリ社長3月22日の会見で、基本合意書に調印した清水勇人さいたま市長(右)とASO社のジャン・エティエンヌ・アモリ社長

 今秋も開催されることが決まっている国際自転車レース「さいたまクリテリウム by ツール・ド・フランス2014」に向けた第1回実行委員会が4月11日、さいたま市内で開かれた。計画案では大会日程を10月25日としている。5月上旬に共催者である仏ASO社との契約を経て正式決定する。

 実行委員会によると、今年度からは主催をさいたま市に一本化。委員に国レベルの自転車関連団体の関係者を加えたり、分野ごとの部会を設置するなどして、円滑で安全な運営を目指すという。

 また昨年、事業費で2億円の赤字が出たことを踏まえ、今年から有料観覧席を設けるなど新たな財源についても明言。さいたまスーパーアリーナ(同市中央区)内に走行コースを通すなどの案も出ている。

 清水勇人市長は「素晴らしい大会にしたい」と意気込みを語った。

産経新聞・埼玉版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム さいたまクリテリウム by ツールドフランス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載