【Teamユキヤ通信】ブエルタ・アル・パイスバスコ 第6ステージ新城幸也はバスク一周を総合31位でフィニッシュ 「上位争いに絡めたので自信になった」

  • 一覧
最終ステージ、個人タイムトライアルを走る新城幸也(飯島美和撮影)最終ステージ、個人タイムトライアルを走る新城幸也(飯島美和撮影)

 新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が出場しているUCIワールドツアー「ブエルタ・アル・パイスバスコ」(バスク一周)は12日、最終となる第6ステージが行われた。

 この日は25.9kmの個人タイムトライアル。総合争いから脱落してしまっている新城は、無理に追い込まず無難に走りきるという監督からの指示で、タイムトライアル用のバイクではなくノーマルバイクでスタート。101位でゴールし、総合は31位でバスク一周を終えた。チーム総合は4位だった。

 ステージはタイムトライアル世界チャンピオンのトニー・マルティン(ドイツ、オメガファルマ・クイックステップ)が優勝、個人総合はアルベルト・コンタドール(スペイン、チーム ティンコフ・サクソ)が制している。

リラックスした表情でスタートしていく新城(飯島美和撮影)リラックスした表情でスタートしていく新城(飯島美和撮影)
ステージ優勝はタイムトライアルの世界チャンピオン、トニー・マルティン(ドイツ、オメガファルマ・クイックステップ)(飯島美和撮影)ステージ優勝はタイムトライアルの世界チャンピオン、トニー・マルティン(ドイツ、オメガファルマ・クイックステップ)(飯島美和撮影)

 ゴール後の新城は、6ステージを戦い終えての感想を次のように語った。

 「2009年以来の2回目の出場で、前回は全く話にならなくて、途中リタイアだった。今回もツールドフランスと同じくらい、いやそれ以上に厳しく、激しいレースだったと思う。しかしチーム総合でも上位争いをするくらい良いチームメンバーで、みんな助けてもらって自分も上位争いに絡めたので、自信になった。今後のレースにつなげていきたい。次のレースが楽しみだ」

 プロ1年目だった2009年以来のバスク一周レース出場は、これまでの5年間の進化を感じさせるものになった。好調さを維持する新城は、春のクラシック後半での活躍も期待される。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載