デネグリがゴールスプリントを制すNIPPO勢がワンツーフィニッシュ 仏サーキット・デ・アルデンヌ第1ステージで今季初勝利

  • 一覧
サーキット・デ・アルデンヌ第1ステージで優勝したピエールパオロ・デネグリ(写真はチーム提供)サーキット・デ・アルデンヌ第1ステージで優勝したピエールパオロ・デネグリ(写真はチーム提供)

 4月11日から3日間の日程で開催されているフランスのステージレース、サーキット・デ・アルデンヌ(UCI2.2)の第1ステージで、ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザのピエールパオロ・デネグリがゴールスプリントを制してステージ優勝し、総合首位に立った。また、このレースからチームに加入したグレッガ・ボレも2位に続き、NIPPO勢がワンツーフィニッシュを飾った。

 序盤に形成された3選手の逃げが吸収されたあと、チームのエドワード・グロスやアレッサンドロ・マラグーティが中心となって集団をコントロール。最後にボレが牽引してデネグリがスプリントを仕掛けるという完璧なチームワークで勝利をもぎ取った。日本人選手は、秋丸湧哉が出走したが、第1ステージで惜しくもリタイアとなった。

 今季から新体制で活動しているヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザにとって、これがシーズン初勝利。12日は168km、5つの山岳ポイントを含む第2ステージに、デネグリがリーダージャージを着て臨む。一方、南アフリカで開催中のマザンシツアー(UCI2.2)には宮澤崇史や小石祐馬が出場しており、12日の最終日にはヨハネスブルク郊外でのクリテリウムに挑む。

ピエールパウロ・デネグリのコメント

 「勝てたことをとても嬉しく思う。チームメイト全員、とくに最後の局面で完璧なアシストをしてくれたボレに感謝している。明日からのステージでは、リーダージャージを守れるようにベストを尽くしたい」

アレッサンドロ・スペシャレッティ監督のコメント

 「この勝利を待ちに待っていた。今日チームは完璧な仕事をし、勝利をつかむことができた。このステージレースを、いい形でスタートできたので、この先も勝利をめざして頑張りたい」

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載