英語ガイドの「東京グレートサイクリングツアー」が日本人を案内L.L.Beanが参画した「江戸・東京 カルチャーライド」で観光サイクリング 春の下町や皇居を満喫

  • 一覧

 米国のアウトドアブランド「L.L.Bean」(エルエルビーン)が、英語によるガイド付きツアーを展開する「東京グレートサイクリングツアー」(TGCT)との共同企画で、東京をサイクリングする「江戸・東京 カルチャーライド」を4月11日に開催した。集まった参加者らはレンタサイクルに乗り、いつもとは違う東京の景色を楽しんだ。(柄沢亜希)

しだれ桜を横目に走る「江戸・東京 カルチャーライド」参加者しだれ桜を横目に走る「江戸・東京 カルチャーライド」参加者

初心者や海外観光客が走った25km

 11日に集まった10人の参加者は、主にL.L.Beanのショップやメーリングリストの案内を見て申し込んだ東京近郊のサイクリストら。いつもは英語で行なわれるTGCTのガイドも、日本語で行われた。ただし、10人目の参加者ベンヤミン・ヴィンターさんは、ドイツからの観光客。これまでTGCTが行なってきたツアーに参加した海外からの観光客のレビューを見て、「どうしても参加したい」と申し込んだそうだ。

桜田門前に並んだ参加者とガイドの肥塚TGCT社長(最右)桜田門前に並んだ参加者とガイドの肥塚TGCT社長(最右)

 コースはおよそ25km。茅場町のTGCTオフィスをスタートして日本橋、人形町、両国へと進み、浅草でランチ休憩。その後、上野、北の丸公園、東京駅といったスポットを巡る間も、ランドマークで立ち止まっては説明を聞いたり休憩をはさんだりしてのんびり進み、6時間かけてゴール地点を目指した。参加者の北村美樹さんは「歩きよりも遠くへ出かけられるのが好き」とサイクリングのスピード感を楽しみ、友人の樋口亜紀さんは、皇居周辺まで進んだ時点で「あっという間にこんなところに着いた」と驚いていた。

東京駅をバックに同期の仲良しコンビ、樋口亜紀さん(左)と北村美樹さん東京駅をバックに同期の仲良しコンビ、樋口亜紀さん(左)と北村美樹さん

 都内から参加した河内弓さんは、自転車での観光は初体験。「点でしか知らなかったところをつなぎながら効率的に走ることができた」と関心した様子で、「めちゃめちゃ楽しかった」と笑顔を見せた。

 またヴィンターさんは、「日本人・日本語に囲まれながら東京を走ることができるなんて、貴重な経験」と興奮した様子でツアーを振り返った。さらに「電動アシスト自転車はドイツでも増えているけれど、前後に子供を乗せた自転車が多いことに驚いた」と、日本の自転車文化への感想も述べた。

英語ガイドのプロが率いるツアー

TGCT社長の肥塚由紀子さん。「参加者から日本のことを褒められると嬉しい」TGCT社長の肥塚由紀子さん。「参加者から日本のことを褒められると嬉しい」

 TGCTの肥塚由紀子社長は、スタッフとともに自らツアーを先導している。TGCTが提供するツアーでは、お台場方面のベイサイド、下町エリア、原宿などファッションカルチャーが栄える街といった3パターンがあり、細かなルートや立ち寄りスポットは、季節や参加者層によって臨機応変に変更しているという。

 この日も肥塚さんが、「しだれ桜がきれいなので立ち寄ってみましょう」と参加者らに声をかけたり、人力車で会場へ向かう和装ウェディングのカップルや相撲の力士に遭遇した際には駆け寄ってシャッターチャンスを確保したりと、気の利いたサービスを提供していた。

 2006年にスタートしたTGCTは現在、トーキョーバイク製のスポーツサイクル20台をレンタル用に揃え、通訳案内士の資格を持つスタッフらが年におよそ1500人の外国人観光客をガイドツアーしている。走行する際に工夫している点を肥塚さんにたずねると、「ルート選びは大切で、必ず試走してチェックしています。日本人でないことに加え、『自分たちだけでは自信がないけれどガイド付きならサイクリングしてみよう』というレベルの参加者が多いので、交通量が多い箇所や走行すべき場所が分かりにくい場合は、必ずしも車道だけでなく広い歩道をゆっくり走行するというような案内も欠かせません」と、文化の違いや安全走行に配慮したツアーである点を強調した。

相撲部屋で力士の記念撮影(写真提供 L.L.Bean)相撲部屋で力士の記念撮影(写真提供 L.L.Bean)
これから進むコースと走行ポイントを参加者に説明する肥塚社長(手前)これから進むコースと走行ポイントを参加者に説明する肥塚社長(手前)
参加者らとともに走ったL.L.Beanの丸山隆子さん(手前)参加者らとともに走ったL.L.Beanの丸山隆子さん(手前)

 この日、ツアーに加わって走行したL.L.Beanの丸山隆子さんは、「参加者が楽しんでいたようでよかった。私自身も東京都内をこんなに満喫したのは初めてです」と笑顔で話した。L.L.Beanは製品販売だけでなく、多くの人にアウトドアライフを楽しんでもらうために、富士登山や長野・白馬でのスノーシュー・ツアーといったイベントを実施してきた。2014年の夏には、北海道・知床でのトレッキング、自転車アクティビティを企画中だという。

 L.L.Beanとの共同企画による江戸・東京 カルチャーライドは、4月26日にも開催される。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載