「将来の夢のために身を守って」中学生1400人に自転車通学用ヘルメット配布 茨城・結城市

  • 一覧
前場文夫市長からヘルメットが贈呈された前場文夫市長からヘルメットが贈呈された

 茨城県結城市は、市内の中学生に自転車通学用のヘルメットを無償で配布した。

 結城市では、中学生が自転車通学する際のヘルメット着用義務化を見送ってきたが、市周辺で登下校中の中学生の交通事故が発生したため配布に踏みきった。支給するのは新入生を含め1400人。

 3日に市役所で行われた贈呈式では、前場文夫市長が「将来の夢のためにも自分の身を守って」とヘルメットを手渡した。生徒を代表して、市立結城中3年の瀬端彪吾(ひょうご)君(14)が「生徒全員の安全意識を高めます」と決意を述べた。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載