地元サイクリストと共に走る旅4月29日出発「バングラデシュ・ディスカバリーライド」試走ツアー締切迫る MTBで150kmの道をゆく

  • 一覧
ローカルサイクリストと共に旅するバングラデシュローカルサイクリストと共に旅するバングラデシュ

 自転車でのツーリングイベントを企画・運営するコグウェイが、バングラデシュをマウンテンバイクで走行するツアーを4月29日から5月6日に実施する。同ツアーは、11月に予定されている「バングラデシュ・ディスカバリーライド」の試走ツアーにあたり、サイクリングでバングラデシュの観光産業と社会発展に貢献するという同社事業の一環。

 試走ツアーのコンセプトは、バングラデシュへの貢献に加えて「サイクリストに非日常の強烈な経験価値を提供」すること。現地では地元住民との交流パーティーが企画され、自転車でしか辿り着けない奥地の村でホームステイ経験も組み込まれている。走行ルートは総距離およそ150kmで、6泊8日のツアーのうち3日間に分けて走行する。道の状態が悪い箇所を含むため、ロードバイクではなくマウンテンバイクを使用するという。

走行ルート1走行ルート1
走行ルート2走行ルート2
走行ルート3走行ルート3
動物とすれ違うこともある田舎道動物とすれ違うこともある田舎道

 急速なライフスタイルの変化と経済発展が進むバングラデシュでは、一方で激しい貧富の差や道にあふれる物乞いの子供、大気汚染、町の全体がゴミ箱のような廃棄物処理、または女性への差別など多くの課題を抱えている。コグウェイでは、「自転車を漕ぎ五感でこの国のありのままを感じ、触れてほしい」としている。

ビーチサイドの美しい日の入りビーチサイドの美しい日の入り

 またバングラデシュには、世界一長い天然のビーチ(約120km)をはじめとする美しい自然の観光資源があることも見逃せない。ツアー宿泊先にはビーチサイドのリゾートホテルもセッティングされ、海岸エリアでは「驚くほどおいしい海鮮」を味わうことができるほか、自転車でしか通れないような田舎道では素朴で人懐っこい人々に出迎えられるなど、知られざる魅力に出逢うことができるという。

 募集人数は最大15人で募集締切りは4月12日。試走ツアーを現地でガイドするバングラデシュ在住の上田依子さんは、「穴場コースに詳しいローカルサイクリストと共に最高のおもてなしをさせていただきます」と参加を呼びかける。さらに現地サイクリストからも、「日本のサイクリストの皆様と一緒に走れるのを楽しみにしています。バングラデシュでお待ちしています」とコメントが届いている。

写真 SAFE Bangladesh

「バングラデシュ・ディスカバリーライド2014」試走ツアー 開催概要

 日程: 2014年4月29日(火)~5月6日(火)(6泊8日)
走行ルート: チッタゴン~コックスバザール
走行距離: 約150km
参加費: 25万円(東京発着)
募集締切: 4月12日(土)
募集人数: 最大15人
参加資格: 健康でチームでの行動が楽しめる男女 ※未成年者は保護者の同意書が必要
申込方法・問合せ: ウェブサイトより
企画・主催: 一般社団法人コグウェイ
旅行取扱い: 株式会社横浜カンパニー
※現地にてマウンテンバイクを無償貸出。
※個人にて自転車を持参する場合は必ず自身の責任にて管理してください。
※現地の文化を尊重し、女性は体のラインがでないような服装を推奨。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント コグウェイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載