【Teamユキヤ通信】ブエルタ・アル・パイスバスコ 第1ステージバスク一周がスタート、急勾配が続く難コースで新城幸也12位 「調子の良さが証明できた」

  • 一覧
激坂を越えていく新城。すぐ後ろには世界チャンピオンのジャージも見える(飯島美和撮影)激坂を越えていく新城。すぐ後ろには世界チャンピオンのジャージも見える(飯島美和撮影)

 新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は4月7日から12日まで、スペインで開催されるUCIワールドツアー「ブエルタ・アル・パイスバスコ」(バスク一周)に出場中だ。第1ステージは平均勾配が8%から13%と急勾配の山岳ポイントが、合計8回もゴールまで繰り返される、153.4kmの激しいコースレイアウトで行なわれた。

 難易度の高いコースを警戒してか、レースは静かに進んだが、100km地点を過ぎ、5回目の激坂区間を前に4人の選手が飛び出し、そのまま平均勾配13%の上りに突入した。逃げは上りで2人が脱落し、僅差で追うメーン集団も人数を減らしていく。6回目の激坂を前に逃げは捕まるものの、集団も40人ほどに絞られた。

 完全に火がついたレースは、上りで優勝争いの選手たちのアタック合戦でさらに集団が絞られ、最後の坂でアタックしたアルベルト・コンタードール(チーム ティンコフ・サクソ)が単独で逃げ切って優勝した。

優勝のアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)(飯島美和撮影)優勝のアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)(飯島美和撮影)
12位でゴールする新城(飯島美和撮影)12位でゴールする新城(飯島美和撮影)

 新城はチーム最上位の12位という好位置でゴールしている。登坂がメーンのレースでこの位置でゴールしたことはチームの評価も大きいようだ。ゴール後の新城は、さすがに疲労感は隠せないものの、次のように語っている。

 「イヤ~、きつかった。出し過ぎた! でも、チームからのオーダーはワンデーレースのつもりで行けと言われていたので、そのつもりで常に前に位置して、全開で上った。このコースの一部はエキップアサダ時代に走ったことがあり、坂のきつさも分かっていたから、その分アドバンテージだったかも。5位以内でポイント取りたかったけど、調子の良さが証明できたし、明日からチームのリーダーだから、頑張らないと! このレースで総合上位はかなりすごいことだからね」

 翌第2ステージは155.8km。序盤にカテゴリー2級が2回、中盤に3級、1級と4回の山岳が設けられているが、第1ステージの上りに比べ緩やかなことから、ゴールスプリントの可能性もあるコースとなっている。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載