工具はともだち<44>ボルト・ナットをしっかり捉えて安全な「めがねレンチ」 便利で豊富なバリエーション

  • 一覧
今回紹介する「めがねレンチ」のロングタイプ今回紹介する「めがねレンチ」のロングタイプ

 4月になりましたね。視力が低い私は、日頃コンタクトレンズを使用しているのですが、この時季はスギ花粉の影響で、眼鏡を着用することが多くなります。眼鏡の歴史を調べてみると、どうやら、1284年頃にイタリアで発明されたといわれているようですね。工具とは全く関係ないようですが、工具にも「めがねレンチ」と呼ばれるものがあります。

 めがねレンチは、連載第42回でご紹介したスパナと同様、ボルト・ナットの締めつけなどができる工具です。グリップ部の両端にボルト・ナットに合致する口径部がついており、正面からみると、眼鏡の形状に似ていることから、めがねレンチと名付けられたそうです。工具の基準を定めているJISの表記では、オフセットレンチ(offset wrenches)とも表記されています。

めがねレンチは6点、スパナは2点でボルト・ナットを捉えるめがねレンチは6点、スパナは2点でボルト・ナットを捉える

 機能の特徴としては、スパナがボルト・ナットを2点で捉えるのに対して、このめがねレンチは、6点で捉えることが出来るため、大きな力を加えることが出来ます。また、口径部がリング状になっているためボルト・ナットから外れにくく、均等に荷重をかけることができるので、安定した作業を実現してくれます。また、外れにくいということは、強い力で締めつけた際に、ボルト類からレンチが不意に外れて怪我をする危険が少なくなるので、安全性でも優れています。

 さらに、6点でボルト・ナットを捉えられるため、頭部がスパナよりもコンパクトに作られています。つまり、狭い場所での使用が可能になるメリットもあるということですね。

床面や奥まったスペースでも

 また、柄部の長さと角度の種類が豊富であり、作業環境に応じてレンチを選べます。ロングのタイプが一般的ですが、ストレートやショートなど、自転車だけでなくさまざまな場面に応じて使い分けていただけるといいと思います。

用途や場面に合わせて使い分けられる用途や場面に合わせて使い分けられる

 最も一般的で使い勝手のいいロングタイプは、大きなトルクを掛けやすく、柄部がオフセットされているため、床面など平らな場所にあるボルト・ナットに使用する場合でも手を入れるスペースが確保されます。さらに、窪んだ場所にあるボルト・ナットにも使用できます。

 自転車メンテナンスでは登場回数が少ないかもしれませんが、オフセットしたレンチが入らないような、奥まったスペースにはストレートタイプが有効です。超ロングなタイプもありますので、大きな力をかけたい場合は、これがお勧めですね。

 「大きな力は必要ないよ」という方には、ショートタイプが有効です。持ち運びにも便利ですし、バッグの中に忍ばせておくと、リスク回避になるかも知れないですね。

「超ロングストレートめがねレンチ」「超ロングストレートめがねレンチ」
ショートタイプのめがねレンチショートタイプのめがねレンチ

 めがねレンチは、バリエーション、サイズが豊富で使用用途も幅広いレンチといえます。高級ロードバイクには六角穴付きボルトが多用されているため、使用する場面は少ないのですが、お子様の自転車やシティサイクルをメンテナンスする場合は登場回数が激増しますので、ぜひお持ち下さいね。

◇         ◇

 おかげさまで自転車生活応援キャンペーンが好評です。期間も残りわずかとなりました。まだご応募されていない方は是非このチャンスに、デジタル式トルクレンチ「デジラチェ」を手に入れて下さい。

小池覚(こいけ・さとる)

KTC(京都機械工具)へ入社後、販売企画や商品開発に携わる。学生時代から二輪、四輪が趣味で、整備経験が豊富。自転車は実は始めたばかりだが、工具のプロとして、サイクリストにも整備の“いろは”を伝えることに燃えている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

メンテナンス 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載