“乗り方の講習”も実施和歌山大の留学生に自転車を寄贈 「これでいろいろなところに行きたい」と笑顔

  • 一覧
新しい自転車を贈られた留学生ら新しい自転車を贈られた留学生ら

 和歌山で学ぶ留学生を支援しようと、社会奉仕団体「和歌山キワニスクラブ」が2日、自転車5台を和歌山大学に寄贈した。自転車の乗り方の講習も行われ、真新しい自転車に留学生らは笑顔を浮かべていた。

 同クラブ国際委員会の活動として行っており、今回で9回目、計45台を贈っている。

 寄贈式は和歌山市西高松の同大国際交流会館で行われ、同クラブの田中宣人会長が同大国際教育研究センターの長友文子副センター長に目録を手渡した。

 中国からの留学生、王婷玉(おうていぎょく)さんは「この自転車で和歌山のいろいろなところに行きたい」と話していた。長友副センター長は「留学生にとって、大変役に立っている。大切に使ってください」と呼びかけた。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載