ふるさと納税からチームに寄付も奈良市がJプロツアー「シエルヴォ奈良」など3競技のチームをパートナー認定

  • 一覧
奈良市とパートナー認定を受けた3チームの代表ら=奈良市奈良市とパートナー認定を受けた3チームの代表ら=奈良市

 奈良市は27日、市内を拠点に活動するスポーツチームを「パートナー」に認定し、ともにスポーツ振興にあたる事業を始めた。日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の「バンビシャス奈良」とサッカー関西リーグ1部の「奈良クラブ」、自転車ロードレースチームでJプロツアーに参戦している「シエルヴォ奈良」の3チームを認定した。

 今後、市内の小中学校でスポーツの体験教室などを開催し、各チームの選手も参加して指導する。

 一方、市は、広報誌や市施設へのポスター掲示などを通じてチームをPR。ふるさと納税の使い道に、チームへの寄付も追加する予定。

 事業は「市ホームタウンスポーツ推進パートナー事業(通称・Tot Sports City 奈良)」。

 この日は市役所で認定式があり、各チームの代表に仲川げん市長が認定証を手渡し、「一緒にプロスポーツの輪を広げていきたい」と呼びかけた。

産経新聞・奈良版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2014・ニュース Jプロツアー Jプロツアー2014

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載