title banner

日本屈指のヒルクライマーが計測データを公開コースやタイムを共有できるアプリ「CycleTT」 チームUKYOの狩野智也選手が白石峠でアタック

  • 一覧

 ゼンリンデータコムの無料iPhoneアプリ「CycleTT」は、サイクリストがコースを作成したり、走行タイムなどを共有したりできる新しいサービスだ。Cyclist編集部はこのアプリを試すため、国内屈指のヒルクライマーとして知られるチームUKYOの狩野智也選手に、埼玉県の白石峠でヒルクライムにトライしてもらい、走行データを計測した。さらに、狩野選手にヒルクライムのコツや、白石峠の攻略法についてアドバイスを聞いた。

梅の花が咲く白石峠への道を駆け上る狩野智也選手梅の花が咲く白石峠への道を駆け上る狩野智也選手

プロで活躍するヒルクライマーがタイムアタック!

 埼玉県のときがわ町と東秩父村の境界に位置する標高761mの白石峠は、近隣の定峰峠と並んで、関東のサイクリストにとって最も有名なサイクリングコースのひとつ。かつて国体ロードレースのコースになったこともあり、トレーニングに訪れる人が後を絶たない。

 狩野選手が白石峠を上るのは、以前に埼玉県のチームに所属していた2011年以来という。スタート地点は、県道172号線の曲がり角、「白石峠」の標識がある地点とした。多くのサイクリストが、この地点から峠のタイムアタックに挑戦している。

ここが「白石峠」の上り口。行くぜ!ここが「白石峠」の上り口。行くぜ!
スタート! ダンシングでグイグイと加速する狩野選手スタート! ダンシングでグイグイと加速する狩野選手

 「先日、レースがあったばかりなので、きょうはあまり走れないですよ」と話していた狩野選手。この日のタイム計測は、あくまで取材での参考タイムとする目的であり、編集部からは「全力でなくとも、適度に追い込んでほしい」とお願いした。狩野選手がiPhoneを操作してCylceTTを起動させると、いよいよヒルクライムのスタートだ。

 だが始まってみると、疲労が残っているとは思えないほどのスピードでグイグイと上っていく。

傾斜をものともせず突き進む狩野選手傾斜をものともせず突き進む狩野選手
シッティングでペースを整える狩野選手シッティングでペースを整える狩野選手
曲がりくねった厳しい上り坂が続く白石峠への道曲がりくねった厳しい上り坂が続く白石峠への道

 編集スタッフは途中、撮影しては車で追い越し、何度も狩野選手の様子を目撃したが、ヒルクライムをしている割には表情に余裕がうかがえた。やはりレースからのリカバリーを意識してのタイムアタックなのだろう。それでも、カメラの前をアッという間に通り過ぎるそのスピードには、圧倒されるばかりだった。

つづら折れのコーナーを攻める狩野選手つづら折れのコーナーを攻める狩野選手
ゴールまであと少し。まだまだ余裕の表情ゴールまであと少し。まだまだ余裕の表情
ゴール! すかさずCycleTTのボタンを押したゴール! すかさずCycleTTのボタンを押した

 白石峠を上り切った地点にある看板の前で、CylceTTの計測をストップしてゴール。タイムは22分2秒。この峠を上ったことがある人ならわかると思うが、“適度に追い込んだ”なんて信じられないほどの速さだ。

22分2秒というタイムが表示されたCycleTTを掲げてニッコリ22分2秒というタイムが表示されたCycleTTを掲げてニッコリ
コースを振り返り、厳しかったポイントについて語る狩野選手コースを振り返り、厳しかったポイントについて語る狩野選手

■スマホで気軽にコースやタイムを計測できる「CycleTT」

狩野選手が「CycleTT」を使って白石峠で計測したデータ狩野選手が「CycleTT」を使って白石峠で計測したデータ

 CylceTTは、ユーザー自らがコースを作成でき、他のユーザーが作ったコースにトライしてタイムを共有することもできるアプリだ。コースごとにランキングが設定されており、そのタイムを目標に走れば、いつでも他のユーザーとの比較を楽しみながらサイクリングができる。

 各コースは登録時、特徴に応じて「総合」「平地」「山岳」の3タイプに区分される。また、そのコースで最速タイムを記録したトップランカーは、アプリ上で“ジャージ”のアイコンを獲得できる。アイコンの色は、ツール・ド・フランスにならって「総合」コースなら黄色、「平地」なら緑、山岳は「白地に赤い模様」と色分けされている。ジャージの獲得枚数は「マイページ」で確認でき、最速タイムをたくさん獲得してジャージを増やしていく楽しみもある。

 また、多くの人が挑戦したくなるような魅力あるコースを考え出すのも楽しみ方の一つ。自分の作ったコースで他のユーザーと切磋琢磨しあえることは、日々のトレーニングに取り組むサイクリストにとって大きな励みになるだろう。

CycleTTの導入画面CycleTTの導入画面
コース詳細画面の一例。地図はタップすれば拡大する。コース詳細画面の一例。地図はタップすれば拡大する。
コース詳細画面をスクロールすれば、下段にはすぐに挑戦するためのボタンや、ランキングが表示されるコース詳細画面をスクロールすれば、下段にはすぐに挑戦するためのボタンや、ランキングが表示される

 ただし、CycleTTを楽しむうえで常に意識しなければならないのは、走っているのが公道だということ。タイムを計測してランキングがつくとはいえ、交通ルールやマナーは絶対に守らなければならない。

 それを踏まえると、信号、やクルマの通行量が少ないコースを作成すれば、多くの人がトライしやすい。また、峠の上り坂のように、自転車のスピードが上がり過ぎないコースも望ましいだろう。スタート、ゴール地点を分かりやすい地点に設定すれば、“人気コース”になるかもしれない。

狩野選手が語るヒルクライムのコツ

 ヒルクライムを得意とする狩野選手に、峠で速くなるためのトレーニング方法や走り方について聞いた。

Jプロツアーのヒルクライムレースで集団を引っ張る狩野選手(2013年6月の栂池高原ヒルクライム)Jプロツアーのヒルクライムレースで集団を引っ張る狩野選手(2013年6月の栂池高原ヒルクライム)

 「ヒルクライムレースなら、前に人がいたらその後ろにつくなり、目標にして走るなりできるけど、1人でのタイムトライアルでは、ペースを守ることが大事。自分に適したペースは、何回も峠を上っているうちに把握できるようになってくる」

 では、適したペースをどのように判断したらいいのか。「峠にはそれぞれクセがあって、上るにつれて勾配が厳しくなったり緩くなったり、途中で下り坂になることもある。そのなかで、自分が『キツいな』と感じる時のスピード感を把握することが大事」と狩野選手。また「最初の1~2kmは全力でいかずに、80%ぐらいの力で入っていけるのが理想」と話した。

 ヒルクライムのペース配分において心拍数は重要な指標のひとつとされるが、狩野選手はレースでは絶対に見ないという。

 「トレーニングでは心拍数を指標とするメニューもあり、心拍計が必要だけれど、レースではスピードメーターを見ている。心拍数に頼ると『もう自分の限界に近いから』と妥協してしまい、がんばれなくなってしまう。高い心拍数を見て踏むのをやめるなら、レースに出る意味がない」。結果を求めてとことん追い込むプロ選手の矜持は、聞いていて清々しかった。

峠でのペース配分について質問するCyclist編集長峠でのペース配分について質問するCyclist編集長
狩野選手の指導を受けて白石峠を上るCylist編集長。使用するバイクは、狩野選手の所属チームが監修した「チームUKYO レブ」狩野選手の指導を受けて白石峠を上るCylist編集長。使用するバイクは、狩野選手の所属チームが監修した「チームUKYO レブ」

 ヒルクライムレースを目標にするホビーレーサーへのアドバイスを求めると、「どれだけ山で乗れたか。時間のある時に山に上りに行くこと」というシンプルな答えが返ってきた。

 「ヒルクライムで速くなりたければ、平地を走っても効果は薄い。山で乗れば乗るほど、ヒルクライムのための筋肉がついてくるので、自然に速くなってくる」。キツイところでは、クルクルと回せるようなギアでクリアしていくことで、上りに適した筋肉もレベルアップしてくるという。

ヒルクライムの上り方について指導する狩野選手ヒルクライムの上り方について指導する狩野選手

 山で練習できない場合でも、ローラー台で山を想定した負荷をかけるトレーニングは効果があるという。「回転数を意識して、心拍数を上げて、10~20分のトレーニングをするといった工夫はできる」。いつかCycleTTでタイムアタックをする日に向けて精進を重ねれば、きっと納得のいく結果を得られることだろう。

■ペース配分にコツがある白石峠

 狩野選手に、白石峠攻略のアドバイスも聞いた。

 「上り口の方が勾配が厳しいので、うまくペース配分をしないと最後に失速してしまう。約6kmうち序盤の2kmがキツくて、中盤、終盤は勾配の緩い区間が少しずつ多くなってくる。それを考慮してペース配分したほうがいい」

 特に重要なのが、序盤のペースだ。「最初は70~80%くらいの力に抑えていい。無理をすれば乳酸が溜まってしまい、『もっと走れたはずなのに…』ということになりかねない。徐々にパワーを出していくのが、自転車でうまく、そして速く走るコツ」と語った。

狩野智也狩野智也(かのう・ともや)

1973年7月14日生まれ。スキル・シマノなどで長年にわたって欧州でのレース経験を積んできた、日本を代表するヒルクライマー。2012年からチームUKYOに所属し、キャプテンを務める。
 

この記事のタグ

ゼンリンデータコム チームUKYO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載