大会・イベント情報2014都心からアクセス1時間半の「九十九里トライアスロン」9月20日初開催 初心者が参加しやすい大会へ

  • 一覧
左から「九十九里トライアスロン」について語り合う細田選手、道端さん、白戸代表左から「九十九里トライアスロン」について語り合う細田選手、道端さん、白戸代表

 千葉県一宮海岸一帯で2014年9月20日「九十九里トライアスロン2014」が開催される。3月24日に千葉県庁で記者発表が行なわれ、大会実行委員長の白戸太朗・アスロニア代表とともに、大会アンバサダーを務めるファッションモデルの道端カレンさん、大会アドバイザーに就くロンドンオリンピックトライアスロン代表の細田雄一選手が、それぞれ就任のあいさつをして大会の魅力をPRした。

国内最大規模の約2000人を募集

 九十九里トライアスロン(愛称・99T)は、国内最大規模となる参加者およそ2000人のトライアスロン大会を、都心からアクセスがよい一宮海岸で開催しようと初めて企画された。コースはスイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのオリンピックディスタンスで争われる。スイムは、初めてでも泳ぎやすいコースにするため、波が高い海ではなく一宮川河口で実施される点も注目だ。

 大会アドバイザーを務める細田選手は、「リオ五輪でのメダルを目指し、千葉県でトレーニングをスタートしたところ。平地も海も山もあり、また強い選手も多く環境がいい」と魅力をアピール。またバイク種目が行なわれる東金九十九里有料道路および九十九里有料道路のコースを例に取り上げ、「(周回でなく)ワンウェイのスピードコースをストレスなく走れるというのは、初めてトライアスロンの大会に参加するひとに優しい設計」などと参加を呼びかけた。

 トライアスロンを広めようとさまざまな大会運営に携わるアスロニアの白戸太朗代表は、「大会後にこのエリアの素晴らしさをゆっくり体験していってほしい」とレースを土曜日に設定したことや、大会本番の9月までにスクールなどの機会を設けて初心者がトライアスロンを習得できる「99Tチャレンジ」を企画中であることなどを紹介。「初心者が最初のステップして参加しやすい大会にしたい」と期待を込めた。

道端カレンさんもレースに出場予定

 大会のアンバサダーに就任した道端さんは「マラソンを始めた時に、フルマラソンに出るより『競技時間が短いよ』と勧められたのがトライアスロン(笑)。気持ちの切り替えができて飽きずに練習できるのも魅力です。ツイッターなどで積極的にPRしていきたい」と笑顔でコメントした。大会当日もレースに出場する予定という。

千葉県のマスコットチーバくんと後列左から左から林白子町町長、玉川一宮町町長、志賀東金市市長代理、金坂大網白里市市長、小髙長生村村長、川島九十九里町町長。前列左から白戸太朗代表、細田雄一選手、道端カレンさん千葉県のマスコットチーバくんと後列左から左から林白子町町長、玉川一宮町町長、志賀東金市市長代理、金坂大網白里市市長、小髙長生村村長、川島九十九里町町長。前列左から白戸太朗代表、細田雄一選手、道端カレンさん

 今大会では「トライアスロン&サーフ」をテーマに掲げ、両スポーツに関係するブースが立ち並ぶエキスポやサーフィン体験会といったファンイベントが同時に開催サれる点も特徴だ。九十九里トライアスロンでは、森田健作千葉県知事が大会名誉会長に就任。また大会会長を務める玉川孫一郎一宮町町長は、「一宮海岸一帯はマリンスポーツの聖地として国際的にも有名で、移住者も増えている。大会を通じて魅力を全国にアピールするチャンス。6市町村が一体となって参加者をおもてなししたい」と開催地域が一丸となって取り組んでいく姿勢を強調した。募集開始は4月10日から、大会ウェブサイトで行なわれる予定。

「九十九里トライアスロン(99T)2014」開催概要

 開催日:2014年9月20日(土)
エキスポ・説明会:9月19日(金)・20日(土)
サーフイベント:9月21日(日)
開催場所:千葉県一宮海岸周辺 (一宮町、白子町、九十九里町、大網白里市、長生村、東金市)
競技距離:オリンピックディスタンス(スイム1.5km/バイク40km/ラン10km)
参加費:一般:22,680円 /リレー:32,400円(登録なしの場合は一般:24,840円 /リレー:34,560円)
募集人数:約2000人
募集開始:4月10日(木)予定
主催:九十九里トライアスロン実行委員会(一宮町、白子町、九十九里町、大網白里市、長生村、東金市、アスロニア)
後援:公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)、千葉県
競技主管:千葉県トライアスロン連合 (CTU)
企画:アスロニア
大会ウェブサイト:www.99t.jp

この記事のタグ

イベント トライアスロン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載