自転車ロードの練習環境も評価シーガイアをナショナルトレセンに 日本トライアスロン連合が申請へ

  • 一覧

 日本トライアスロン連合は3月22日の理事会で、宮崎市の大型リゾート施設シーガイアをナショナルトレーニングセンター(NTC)競技別強化拠点として申請することを決めた。トライアスロンでは初のNTC設置となる。

 シーガイアのある地域が温暖な気候で海を泳げる期間が長く、自転車のロードの練習環境も整っていることから選定した。大塚真一郎専務理事は「野球やサッカーのキャンプ地でもあり、スポーツチームを受け入れる文化もある」と語った。(共同)

この記事のタグ

トライアスロン

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載