スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2014「KHODAABLOOM RAIL 700SL」 完成車9kg未満、理想を追求したアルミクロスバイク

  • 一覧

 コーダーブルームは日本人の体型や使用用途に合わせて企画開発されている、国内のスポーツバイクブランド。社員全体でスポーツサイクルを楽しむ社風とその経験から、ユーザー目線に合わせた、実用的で価格にも気遣いのあるパーツアッセンブルや耐久性、品質を追求している。試乗したのはクロスバイク「レイル」シリーズの、軽量モデルで、完成車重量は480mm(適正身長170〜190cm)で8.7kgとなっている。

「KHODAABLOOM RAIL 700SL」(コーダーブルーム レイル700SL)「KHODAABLOOM RAIL 700SL」(コーダーブルーム レイル700SL)

KHODAABLOOM RAIL 700SL(コーダーブルーム レイル700SL)
価格:85,000円(完成車、税抜)
サイズ:400、440、480mm
カラー:ポリッシュ、ブラック(マット)
問い合わせ先:コーダーブルーム http://khodaa-bloom.com

スペック

フレーム:6061アルミ
フォーク:カーボン、1-1/8 アルミコラム
変速機:シマノ・ソラ(F)&(R)
ギヤ: シマノ・ソラ 50×34T、11-30T(9s)
ホイール:700Cリム+ノバテック・28Hハブ
重量:8.7kg

フレームと相性の良いカーボンフォークが軽量化と快適性の向上に貢献しているフレームと相性の良いカーボンフォークが軽量化と快適性の向上に貢献している
採用されるテクトロ製のVブレーキは、肉抜き加工が施された軽量な逸品採用されるテクトロ製のVブレーキは、肉抜き加工が施された軽量な逸品
軽量化に取り組んでいるモデルだが、乗り手のことを考えチェーンカバーは標準装備だ軽量化に取り組んでいるモデルだが、乗り手のことを考えチェーンカバーは標準装備だ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山 ホダカのスポーツバイクラインがコーダーブルームだけど、全社を挙げてサイクリング活動に取り組んでいて、このレイルを見ても、企画している人たちのサイクリングへのハマりっぷりが感じられておもしろい。

松尾 とても軽いクロスバイクだなと、持って驚いたんですが、標準モデルのレイル700の軽量版なんですね。

米山 そう。仕様パーツを1つ1つ吟味して、軽量に仕上げられたちょっとマニアックな1台になっている。それでもこの価格だからね。これからクロスバイクを買いたいと思っている人には注目モデルでしょう。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 そうですね。フロントフォークとシートポストはカーボン製で、軽さとコンフォート性能の面で貢献しています。エントリーモデルのロードバイクよりもしかしたら軽いかもしれませんよ。

米山 うん。乗り心地はキビキビと走るスポーティなバイク。でもフラットバーロード系ではなく、クロスバイクの範囲に収まったテイストかな。がっちりしすぎていない剛性感はスポーツバイクとしてちょうど良いだろうし、ミッドレンジのロードバイクほどのスタビリティは備えていないながらも、軽量な車体は全体の取り回しやすさ、軽快さに繋がっている。

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作
Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

松尾 上りでは軽さが目立っていましたね。軽やかにペダリングができます。たしかにロードバイクとの性能差は明確に線引きされていますが、街乗りに使うのであれば気軽さと堅実さで日常の良いパートナーになると思います。

米山 購入後すぐの状態から、マニアの人がチューンナップしたようなパーツ構成だし、幅狭いハンドルバーも通好みじゃないかな。峠を攻めたくなるような走行性能ではないけれど、 このカテゴリでこれ以上のバイクとなると、価格を上げてシフト操作のフィーリングを上げるべきで、 「レイル700SL」はクロスバイクとしては完成している。

松尾 今後ニューモデルが出るときにはその分、その枠をどう越えていくのか楽しみではありますね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


関連記事

この記事のタグ

コーダーブルーム バイクインプレッション ホダカ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載