新製品情報スマホGPSでデータ計測するサイクルコンピューター登場 キャットアイ「ストラーダ スマート」

  • 一覧
スマホで計測したデータが連動して、「ストラーダ スマート」にディスプレイされるスマホで計測したデータが連動して、「ストラーダ スマート」にディスプレイされる

 キャットアイから、サイクルコンピューター「STRADA SMART」(ストラーダ スマート)が発売される。小型軽量なストラーダシリーズの新モデルで、スマートフォンのGPSで計測したデータを表示させる機能が搭載された。

 ストラーダ スマートは、スマホのGPSを使った「ミラーモード」と、従来通りにセンサーを使った「センサーダイレクトモード」の2通りの使い方ができる。ミラーモードでは、センサーがなくても速度や高度、走行ルートなどの計測が可能。ケイデンスや心拍を計るには、それに応じたセンサーが必要になる。

スマホはポケットなど安全な場所にしまっておけるスマホはポケットなど安全な場所にしまっておける

 ミラーモードで走行する場合、ストラーダ スマートはディスプレイの役割を果たし、スマホはポケットやバッグなど安全な場所にしまうことができる。その際はスリープ状態にしておけるので、バッテリー消費を抑えられるのもメリットだ。

 スマホに電話の着信やメール受信があった場合、ストラーダ スマートの画面上に通知される機能も搭載されている。

 レースなどスマホを所持できない場面でも、センサーダイレクトモードで計測可能だ。その際のデータも、スマートフォンにインポートして管理できる。

使い方は「ミラーモード」と「センサーダイレクトモード」の2通り使い方は「ミラーモード」と「センサーダイレクトモード」の2通り

 ストラーダ スマートは、無料アプリ「Cateye Cycling」(キャットアイ サイクリング)に対応している。このアプリと連携させることでGPSでの計測や、走行データの記録やアップロードすることが可能になる。

 また、ディスプレイで表示させる項目も、アプリ上でカスタマイズできる。従来は本体のボタンでの作業だったが、スマホで素早く操作できるようになった。

 ストラーダ スマートは6月発売予定。キャットアイ サイクリングもストラーダ スマートの発売に合わせてリリースされる。

■製品価格(税抜き)
ストラーダスマート 8,000円
スピード+ケイデンスセンサー 7,000円
心拍センサー 7,500円
スピード+ケイデンスキット 14,000円
トリプルワイヤレスキット 21,000円

関連記事

この記事のタグ

キャットアイ スマートフォン 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載