産経新聞【くらしナビ】より自転車安全利用に求められる意識改革 品質のチェック、メンテナンス、ルールとマナーを守ること

  • 一覧
量販店に並ぶ新品の自転車。交通ルール・マナーを守って安全運転を心がけたい =東京都千代田区有楽町量販店に並ぶ新品の自転車。交通ルール・マナーを守って安全運転を心がけたい =東京都千代田区有楽町

 入園入学や就職など春から始まる新生活。通勤や通学などに自転車の利用を考えている人も多いだろう。ただ便利な半面、交通ルールやメンテナンスに無関心だと事故に遭う危険性も高くなる。事故を避け安全に乗りこなすにはどうすればいいか。専門家にポイントを聞いた。(産経編集センター企画部・柳原一哉)

 「4月を前にしたこの時期は自転車需要が最も高まる」と話すのは自転車ジャーナリスト遠藤まさ子さん。親子で楽しめるペアルックデザインや、雑誌読者モデルらの声を基に開発したタイプなど目新しい商品も投入されている。近年の注目株は電動アシストで、「約10万円ながら好調な売れ行き」(遠藤さん)。子供を乗せてもこぎ出しが楽で主婦らの支持を集める。

 エコで便利な自転車だが、事故が起きやすい負の側面に意識する必要がある。警視庁のまとめでは、交通事故全体のうち自転車が関与した割合は全国で約20%、都内で36%を占める(平成24年)。事故による死亡者・負傷者は高齢者や10代に多い。

「マーク」を参考に

 気をつけるべきことは何か。遠藤さんは「まず自転車選びが肝心」と話す。「特価品の中には価格と引き換えにブレーキが甘いなど弱点もある」ためだ。とはいえ見た目で判断がつきにくいため、安全基準を満たした自転車に貼られるマークを目安にするといいという。

安全基準を満たした自転車に貼られるBAAマーク安全基準を満たした自転車に貼られるBAAマーク

 具体的には自転車協会のBAAマーク、製品安全協会のSGマーク、JIS(日本工業規格)マークなど。BAAはフレーム強度など約90カ所の検査項目をクリアした自転車のみに貼られる。基準に合った部品は、水銀など環境負荷の高い物質の使用を減らしている。

 購入後のメンテナンスも重要だ。古倉宗治・三井住友トラスト基礎研究所研究理事らが参画し、安全・安心な自転車利用を進める「自転車の安全利用促進委員会」は、整備済み自転車と、ブレーキパッドがすり減っている整備不良の自転車の性能比較試験を実施。それぞれ時速16kmで走りブレーキをかけたところ、後者の制動距離は前者より1.64mも長いという結果が出た。

 遠藤さんは「しっかり止まれなければ交差点内に飛び出す危険性さえある」と整備の大切さを訴える。もしメカに弱いなら自転車店で1年に数回程度みてもらう。タイヤの空気補充や、リフレクターの汚れのふき取りなど自力で取り組める項目もあると呼びかける。

 交通ルールとマナーを守ることが事故防止の観点から最も大切だ。子供のヘルメット着用などは浸透してきたが、「車との正面衝突の危険性が高い、車道での右側通行や並走などはまだまだ多い」(同)。

法改正も浸透半ば

 昨年12月施行の改正道路交通法では、自転車が左側走行をせず、違反した場合の罰金などの規定が盛り込まれた。だが同委員会のアンケートでは法改正を理解している人の割合は38.8%。「これまで右側走行の経験がある」との回答は67.5%(20代は76.4%)に上り、浸透しているとはいえないのが実情だ。

 遠藤さんは「“逆走”した理由を聞くと、道路の右側に面した店に行くためなどの答えもあり、運転する意識が“歩行者感覚”になっていないかと危惧する」と指摘する。

 今後、運転者の意識改革が一層求められるとともに、交通法規の認知度向上などが、安全性を高める上で欠かせないといえる。

産経新聞より)

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載