地元イベントでファンにアピールさらに上位を目指す地域密着型チーム 湘南ベルマーレがプレゼンテーションを開催

  • 一覧

 Jリーグのクラブチームなどを展開する湘南ベルマーレスポーツクラブによる、開幕前の一大イベント「ベルマーレワンダーランド2014」が2月22日に開催され、そのなかで湘南ベルマーレサイクルロードチームのプレゼンテーションが行われた。2014年の所属選手たちが登場し、地元のファンに向けて今シーズンの目標を語った。

プレゼンテーションを行った湘南ベルマーレ。右から辻善光、紺野元汰、大森廉、乾友行、橘田修平、小野瀬優哉、岸崇仁プレゼンテーションを行った湘南ベルマーレ。右から辻善光、紺野元汰、大森廉、乾友行、橘田修平、小野瀬優哉、岸崇仁

 プレゼンテーションには、所属8選手のうち7人と内山靖樹ゼネラルマネージャー(GM)が登場した。内山GMは今シーズンの目標について、チーム念願のJプロツアー初勝利と、2013年に獲得したJプロツアーチームランキング7位からさらに上位に入ることを挙げた。また、地域密着型を掲げる数少ないチームとして企業チームに対抗していきたいと、レースにかける思いを語った。

キャプテンの辻善光が、ファンに応援を呼びかけたキャプテンの辻善光が、ファンに応援を呼びかけた

 キャプテンを務める辻善光は、「チームは勝利を挙げるため、シーズンオフに死に物狂いでトレーニングをしている」と語り、地元のファンに応援を呼びかけた。辻自身は、エーススプリンターとして勝利を目指す。

 辻が「若返りを図って、パワフルなチームになった」と話したように、橘田修平、大森廉、紺野元汰という若い世代が継続して所属するほか、昨年から半数の選手が入れ替わった。他チームからの移籍としては、乾友行がチームUKYOから、岸崇仁がパールイズミスミタラバネロから加入。クラブチームからは今年42歳になる濱田博が、ユースチームからはユースやジュニアのカテゴリーで好成績をおさめた小野瀬優哉が昇格している。

 ステージのMCから、これから自転車を始めたい人に対するアドバイスを聞かれた内山GMは、昨年10月にオープンしたベルマーレサイクルストアや、そこで開催されているスクールなどを紹介。スポーツバイクの普及や、ユース・ジュニアの育成を図っていくという、地元に根ざしたチームとしての大きな目標もアピールした。

サイクルロードチームのブースでは、選手自らグッズを販売したサイクルロードチームのブースでは、選手自らグッズを販売した
今シーズンのチームを紹介する内山靖樹GM今シーズンのチームを紹介する内山靖樹GM

湘南ベルマーレ所属選手
氏名 生年月日、脚質(備考)
辻善光 1984年8月11日、スプリンター(キャプテン)
乾友行 1969年3月23日、クライマー(チーム UKYOから加入)
濱田博 1972年4月8日、スプリンター(クラブから昇格)
橘田修平 1990年1月12日、ルーラー
大森廉 1993年3月14日、クライマー
紺野元汰 1993年3月15日、ルーラー
岸崇仁 1994年3月9日、オールラウンダー(パールイズミスミタラバネロから加入)
小野瀬優哉 1995年4月12日、クライマー(ユースから昇格)

この記事のタグ

JPT2014・チーム Jプロツアー Jプロツアー2014

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載