新製品情報チームUKYO監修の入門ロードバイク「Rêve」(レブ)登場 ゼンリンデータコムから22日発売

  • 一覧
チームUKYO監修の入門バイク「Rêve」。もちろんチームUKYOカラーチームUKYO監修の入門バイク「Rêve」。もちろんチームUKYOカラー

 ゼンリンデータコムは、元F1ドライバーの片山右京さんが率いるプロサイクリングチーム「チームUKYO」が監修した入門ロードバイク「Rêve」(レブ)を2月22日より全国の小売店とECサイトで発売する。Rêveとはフランス語で「夢」の意味で、チームUKYOのアマチュアチーム「チームUKYO Rêve」にも、その名が使われている。

 発売されるのはシマノ・ソラとシマノ105の2モデルで、シマノ・ソラがフロントトリプルの27速(前3×後9段)で価格は税抜き10万円、シマノ105がフロントダブルのコンパクト20速(前2×後10段)で同16万6千円となる。フレームは共通のハイドロフォーミング6061アルミで、オリジナルのアルミフォークが組み合わされる。カラーはブラックとイエローを基調とした“チームUKYOカラー”だ。重量は10.35kg(105モデル、ペダル無し)。

Rêveバイク販売にあたって 片山右京さんのコメント

 プロロード選手で構成されたTEAM UKYOを発足させたのと同時に、一般の人も参加できるクラブチーム、TEAM UKYO Rêveを作りました。アマチュアながら本格的にレース参戦を目指している人を応援するためです。『Rêve』は『夢』を意味するフランス語で、真剣にロードレースに挑戦したいという人たちの可能性を信じて僕が命名しました。

 この度、活動の一環として、TEAM UKYOが監修したロードバイク「TEAM UKYO Rêve RB01」を発売いたしました。ロードバイクに挑戦したいと思っている人のために最適なフレームとパーツを選び、スポーツ自転車経験のないビギナーでも安心して操れる一台に仕上げました。

 完成した商品の撮影日に改めてバイクを見ましたが、予想以上の出来栄えでした。入門用のアルミバイクとしては十分な性能で、自分もチューニングをして イベントにも参加したいと思いました。楽しくて、どこまでも行ける気がしたあのころの自分と再会できる道具となってくれるはずです。

RêveのスペックシートRêveのスペックシート

 日本最大手の地図制作会社であるゼンリンを中核とするゼンリングループは、片山さん率いるチームUKYOの活動に深く賛同し、長年スポンサーとしてバックアップを行なっている。その中でもゼンリンデータコムは、2013年11月にiPhone向けサイクルアプリ「cycleTT」をリリースするなど、地図・位置情報を活かしたスポーツ自転車向けサービスにも参入している。

 ゼンリンデータコムでは今回、Rêveシリーズの企画・販売をスタートすることで、スポーツ自転車を通した健全で魅力的なライフスタイルの普及に、直接的に関わっていく意向だという。今後はレース参戦にも耐えうるハイスペックモデルや、子供にも手軽にスポーツ走行が楽しめるジュニアモデルなどの開発、またチームUKYOと協力してのロードバイク入門教室など、スクールイベントの開催を予定している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ゼンリンデータコム チームUKYO レブ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載