バイクインプレッション2014「SPECIALIZED VENGE DA」 力強い走りにマッチする、表彰台を目指すためのレーシーなバイク

  • 一覧

 今回試乗するVENGE(ヴェンジ)は、スペシャライズドのロードバイクの中で最もスピードを求めたフレームだ。同社のターマックに比べ、時速40kmで22ワットの出力をセーブすることができるという。プロのレースシーンでデビューしたヴェンジはこれまで、平坦での速さと共にスプリントでの力強さを強烈に印象付けてきた。決してエアロ性能を突き詰めるだけでなく、剛性と軽量性をバランスさせたレース性能は、乗れば納得の1台だ。

「SPECIALIZED VENGE DA 」(スペシャライズド ヴェンジ DA)「SPECIALIZED VENGE DA 」(スペシャライズド ヴェンジ DA)

SPECIALIZED VENGE DA (スペシャライズド ヴェンジ DA)
価格:930,000円(完成車)
サイズ:49、52、54、56、58、61cm
カラー:サテングロス・カーボンレッド
問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン http://www.specialized.com/ja/ja/home/

スペック

フレーム:スペシャライズド FACT 11r カーボン, 1-1/8″ to 1-3/8″ ヘッドチューブ
フォーク:S-Works FACT カーボン フル モノコック
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ: シマノ・デュラエース 53×39T、11-28T(11s)
ホイール: ローバル・ラピードCLX60
重量:N/A

高いエアロ効果を持つ特別なカーボンフレームは、加えて最小の重量で最大の剛性を生むよう設計されているという。ダウンチューブを上から見るととてもシャープだ高いエアロ効果を持つ特別なカーボンフレームは、加えて最小の重量で最大の剛性を生むよう設計されているという。ダウンチューブを上から見るととてもシャープだ
ステアラーからトップチューブへの空気の流れを最適にするインテグレーテッドエアロスペーサーはステアラーチューブと共に回転するステアラーからトップチューブへの空気の流れを最適にするインテグレーテッドエアロスペーサーはステアラーチューブと共に回転する
優れたパワー伝達を実現する、OSBBとS-Works FACTカーボンクランクセット、セラミックスピード・セラミックベアリングのセット優れたパワー伝達を実現する、OSBBとS-Works FACTカーボンクランクセット、セラミックスピード・セラミックベアリングのセット

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中
松尾修作  Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作
Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

松尾 いかにも空力性能に長けたフレームという印象を受けるヴェンジは、気になるモデルでした。今回、S-Worksに乗れるので楽しみでした。

米山 S-Worksは完全なレース仕様だからね。ヴェンジはTTバイクのSHIVをベースにしているから、ルックスはTTバイクそのままという感じだけど、乗ってみてどうだった?

松尾 レーシーと評されるバイクはいろいろありますが、その中でもかなり突き抜けてレーシーでした。走りこんでいる上級者なら、きっと満足すると思います。剛性はかなり高く、乗り換え直後は少し慣れが必要なくらいですね。

米山 体重が軽くてダンシングを多用するタイプには多分向かないね。ある程度、いや比較的体重があって、シッティング中心の人向けだ。その代わりフロントアウターでハイスピードを維持すると、笑いが止まらないんじゃないか。

松尾 そうですね。打てば響く剛性を備えているので、スプリントでは反応の良さと空力性能でグイグイとスピードが伸びます。ある程度スピードに乗ってからの加速が良かったです。

米山 キャラクターがしっかりしているから、合う人には合う。

松尾 気になったのは縦剛性の高さ。上りでは、トルクを掛けたペダリングであればよく登る印象がありましたが、回すペダリングでは固さが気になって重く感じてしまいそうです。上りが苦手なフレームではないのですが、この辺りもパワーライダー向きという印象ですね。

米山 なるほど。あとは、快適性を特徴に出しているバイクではないから、突き上げ感は感じるね。

松尾 ええ。ただ、バランスの良いバイクなので、弾かれるようなことはなく安定している。そういう面では乗りやすい1台です。大きくバイクを振るようなスプリントでも乱れません。

米山 剛性の高さはマイナスイメージではなく、レーシングバイクらしさだね。あとは同じヴェンジでも素材を変えたVENGE PRO RACEに乗ってみたいな。どのくらい違いを持たせているのかは気になるところだ。

松尾 何しろカッコイイので、ヴェンジは所有欲を満たしてくれるでしょう。ホイールと24Cのタイヤの組み合わせも良かったです。平坦基調で距離も短めなコースで威力を発揮するバイクなので、用途と脚質に合えば最高のパフォーマンスを引き出してくれると思います。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

スペシャライズド バイクインプレッション レース向け自転車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載