Googleストリートビューとの提携も評価「ツール・ド・三陸2013」が第2回スポーツ振興賞を受賞 復興とまちづくりに貢献

  • 一覧

 昨年10月6日に岩手県で開催されたサイクリング大会「ツール・ド・三陸2013 ~りくぜんたかた・おおふなと~」が、「第2回スポーツ振興賞」を受賞した。同賞を共同主催する公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会と、一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)が14日発表した。ツール・ド・三陸は、地域の資源や、国内外からの協力を生かして、被災地復興のまちづくりに貢献したことなどが評価された。(写真はすべて産経新聞社・早坂洋祐撮影)

「ツール・ド・三陸2013」で参加者に声援を送る沿道のギャラリー「ツール・ド・三陸2013」で参加者に声援を送る沿道のギャラリー

 同賞は「スポーツツーリズム賞」で2件、「スポーツとまちづくり賞」で3件が表彰対象。今年1月15日までの募集期間に計23件の応募があった。ツール・ド・三陸が受賞したのは、スポーツまちづくり賞のうち「日本商工会議所奨励賞」。授賞式は3月3日に東京・青山で行われる予定という。

 選考委員会は、ツール・ド・三陸について「被災地復興支援という色合いが強いが、地域の資源を活用し、国内外から幅広い賛同、協力を得て、一度廃止された事業をバージョンアップして実現したことは素晴らしい」と称えた。

 また、震災復興の状況下で、民間サイドが主体的に、工夫を凝らして大会を作り上げたことが「地域の再生に大きな勇気を与えた」と指摘。インターネットサービス大手のグーグルによる、道路上の風景を記録するサービス「ストリートビュー」と提携した点も評価された。

いよいよスタート(ツール・ド・三陸2013)いよいよスタート(ツール・ド・三陸2013)
震災がれきの山の前を走る参加者たち震災がれきの山の前を走る参加者たち
開会式を見守る参加者たち。被災地へのメッセージを書いた日の丸を背中につけたライダーも見られた開会式を見守る参加者たち。被災地へのメッセージを書いた日の丸を背中につけたライダーも見られた
「ツール・ド・三陸2013」のスタート風景「ツール・ド・三陸2013」のスタート風景
ツール・ド・フランス3度優勝のグレッグ・レモンさんもツール・ド・三陸2013に特別参加し、被災地を走ったツール・ド・フランス3度優勝のグレッグ・レモンさんもツール・ド・三陸2013に特別参加し、被災地を走った

 自転車関連の事業ではこのほか、昨年8月に「アイアンマン・ジャパン北海道」を実施した北海道・洞爺湖温泉観光協会による取り組みが、スポーツまちづくり賞・経済産業省商務情報政策局長賞を受賞した。

参加者を勇気付けた大漁旗(ツー・ル・ド三陸2013)参加者を勇気付けた大漁旗(ツー・ル・ド三陸2013)

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・三陸

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載