title banner

はらぺこサイクルキッチン<7>春、花粉襲来! ライド日和なシーズンに腸内環境を整えて“使える”体をつくる

by 池田清子 / Sayako IKEDA
  • 一覧

 年始の短期特別連載として人気だったアスリートフード研究家のSayakoさんによる「はらぺこサイクルキッチン」が、待望の長期連載として帰ってきました! アスリートのパフォーマンス向上や減量など、目的に合わせたメニューを伝えていきますので、お楽しみに。

◇         ◇

春に舞い降りる恐怖

「アスリートフードマイスター」の資格を持つSayakoさん、こと池田清子さんと池田祐樹選手「アスリートフードマイスター」の資格を持つSayakoさん、こと池田清子さんと池田祐樹選手

 夫である池田祐樹選手は、喘息持ちである上に花粉症。長年アレルギー症状に悩んできました。花粉が飛散する季節には「トレイルに舞うホコリのごとく、花粉が見える…」と家を出る前からよく怯えていました。花粉症患者さんの約7割はスギ花粉が原因だそうですが、2月中旬から4月中旬のスギ花粉飛散量のピーク。この期間中は、「ライドに出かけられない」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 かくいう私も、以前はかなり重度の花粉症でした。しかし、現在その症状はほとんど出ていません。それは17年前、ある方法で花粉症と決別することに成功したからです。

レンコンの肉詰めレンコンの肉詰め

 中学3年生の時、「花粉症は腸の状態と直結している」と耳にしました。調べたところ、「腸内環境を整える=体内の毒素を排出=免疫力が高まる=アレルギー症状が改善する」ということらしいのです。これは朗報でした。「便秘症の人は花粉症にもなりやすい」と解釈して、腸の状態を良くするような食事を心がけることによって、それを解消することに努めたのです。

 すると翌年から徐々に症状が軽くなり、高校2年生になるころには、花粉のシーズンに朝1回程度鼻をかむことはあっても、日中は快適に過ごすことができるようになりました。症状を和らげる薬は一切使用せずに現在も症状がほどんど出なくなったということは、“完治した”…と言っていいのかもしれません。

 これは私の体験ですので全ての人に当てはまるかどうかは分かりません。ただ、花粉症と腸との関係は既に立証されています。腸をキレイにすることは、誰にとっても大切なことです。

レンコンで“花粉症根治計画”

「藤本ファーム」のレンコン「藤本ファーム」のレンコン

 昨年の秋ごろ、テレビ番組の特集の中で「レンコンには抗アレルギー性の成分が含まれている」という内容の放送がされました。その直後にレンコンの消費量がアップし、数週間の間に価格が2.5倍にもなりましたが…ご覧になった方、いらっしゃいますか?

 池田家でも、出来れば薬に頼らず、また一時的な対処で終わらせることなく、花粉症をはじめとするアレルギーの症状を根本的に治したいという思いから、“レンコンを毎日使う献立”がスタートしました。

 花粉症の祐樹さん、毎日のお通じはといえば便秘まではいかなくとも「なんとなく不調」という状態でした。「あれだけ食べたのにどこいっちゃったんだろう」と嘆いていたのを覚えています。

レンコンの甘辛レンコンの甘辛
レンコンハンバーグレンコンハンバーグ
レンコン&トマトのヘルシースープレンコン&トマトのヘルシースープ

 レンコンにはアレルギー症状の原因物質「IgE抗体」を減らす抗アレルギー性成分が含まれているのですが、食物繊維も豊富。しかも、喘息・アトピーも改善するとのこと。量は1日1cm、毎日摂ることがポイントです。調理方法は煮たり焼いたりするほか、湯がいてサラダにもできますし、すりおろして団子にしたり汁をとろみ付けに使えたりと主婦には嬉しい“万能野菜”と言えます。池田家では、山口県の「藤本ファーム」さんから土付きのまま毎月送っていただいています。

手軽にできる腸内環境改善

 腸内環境を整えるためのまずひとつが、自家製無脂肪ヨーグルト。乳酸菌で善玉菌と悪玉菌のバランスを整えます。

 食べる量もポイントです。多ければよいということでもありません。一度に小さなボウルに1カップを目安にしています。朝、もしくは、回復のゴールデンタイムであるトレーニング後30分以内に摂取しましょう。わが家では牛乳から作れるヨーグルトメーカーを使っています。トッピングには鉄分・カルシウム・マグネシウム・ビタミンB群・食物繊維が豊富なレーズンと、ビタミンE・抗コレステロールの働きがあるアーモンドなどのナッツを。甘みが欲しい夫は天然甘味料のステビアをひと振りしていますよ。

牛乳パックでできる自家製ヨーグルト牛乳パックでできる自家製ヨーグルト
自家製ヨーグルト&トッピング自家製ヨーグルト&トッピング

 また、サツマイモは身近にある野菜の中でも特に食物繊維を多く含んでいます。「サツマイモはおなら(ガス)が出るから苦手」という方もいらっしゃいますが、ガスは腸内のお掃除状況のサイン! 腸内環境が整ったあとに出るガスは臭くないんですよ。サツマイモはビタミンC・E・ポリフェノールが豊富で、体内の余分な塩分を排出するカリウムやカルシウムなどのミネラル、ビタミンB1、ビタミンB6なども含まれています。“準完全食”とも言われる程、栄養がぎっしり。体にいいことがいっぱいです。

 夫の場合は、まずお通じに効果が現れました。特にサツマイモが効果てきめん。「毎日超スッキリー!」だそうです。毎朝、オーブンで焼き芋にしてライドから帰るとすぐに食べるということが多いですね。

食べずに「腸を休める」のも効果的

焼き芋を食べるのも習慣になりました焼き芋を食べるのも習慣になりました

 私の経験から、効果的だったものがもうひとつ。それは、甜茶(てんちゃ)です。甜茶にも抗アレルギー成分が含まれているそうで、私はワンシーズン飲んだだけですが、効果があったと感じています。

 2月中旬の東京ではまだ飛散量が少ないので効果の程は測りにくいものの、去年の今頃の祐樹さんは明らかにもう少し鼻をかんでいました。およそ4カ月程の間続けてみて「感覚的には今年はそこまでアレルギー症状が出ている感じではない。慢性的なアレルギー性鼻炎にも効いている気もする」と話しています。病院でアレルギー検査をしてみるともっとよく分かるかもしれませんね。何より免疫力に影響する“お通じ”というハッキリとした効果が表れたので私も嬉しく思っています。アレルギーに対してのみならず、世界中を遠征で回りますので、少しでも免疫力を高めて各地の過酷な環境に対応出来るように!

 最後に、食事に気を付けていても便通などの改善がみられない場合について。そんな時は思い切って「摂らない=食べない」ということも有効です。週末だけの“プチ断食”が流行していますが、摂取カロリーが減ることによって痩せる効果よりも、腸を休めて免疫力を高めウイルスを撃退する、消化吸収にエネルギーを費やさない分排泄に集中できる、とった点で老廃物の排泄(デトックス)が期待できます。私も風邪っぽいな、と感じたときはあえて食べることをストップし、腸に休息を与えて体の回復にエネルギーを使っています。

 腸は免疫システムを作るとても大切な臓器です。お仕事やトレーニングなどで消費エネルギーが激しいときは控えた方がよいですが、機会があればぜひ体の変化を感じながら実行してみてください。

◇         ◇

 まもなく花粉シーズン到来。先月、厚生労働省により花粉症の根治が期待される新薬が承認されました。薬で治す時代が来たということも画期的ですが、毎日の食事を見直すことで改善できるのであれば、より体への負担も少ないのではないかと思います。また、腸の状態が良くなったことで症状が軽減されれば、免疫力が向上した証拠。一石何鳥かわからない程メリットはあると思いますよ。毎年ツラいというあなた。春の訪れと共に、花粉に左右されない快適ライドができるようになりますように。

池田清子池田清子(いけだ・さやこ)

アスリートフード研究家。モデル事務所でのマネージャー経験を生かし2013年夏よりトピーク・エルゴンレーシングチームUSA所属ライダー、池田祐樹選手のマネージメントを開始、同秋結婚。平行して「アスリートフードマイスター」の資格を取得。アスリートのパフォーマンス向上や減量など、目的に合わせたメニューを日々研究している。ブログ「Sayako’s kitchen」にて情報配信中。

関連記事

この記事のタグ

ニュートリション はらぺこサイクルキッチン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載