【速報】世界の強豪がお台場で激突男子はマクドナルド、女子はコンプトンが独走で圧勝 「シクロクロス東京2014」エリートレース結果

  • 一覧

 「シクロクロス東京2014」は9日午後、世界トップクラスの選手が出場する男女のエリートレースが行われた。男子エリートは序盤から独走に持ち込んだザック・マクドナルド(アメリカ、チーム ラファ・フォーカス)が制覇。女子エリートは、今シーズンのワールドカップ女王、ケイティ・コンプトンが実力を発揮し、勝利を収めた。日本勢では、男子は竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ)、女子は豊岡英子(パナソニックレディース)がそれぞれ2位に入った。

エリート男子を制したザック・マクドナルドエリート男子を制したザック・マクドナルド

◇           ◇

 先に行われたエリート女子のレースでは、コンプトンがW杯女王の強さを見せつけるかのように、パワフルな走りを披露。中盤から2位に浮上した豊岡英子(パナソニックレディース)が懸命に追い上げたが、コンプトンが圧巻の独走で逃げ切った。

マッドコンディションをものともせず力強い走りをみせるコンプトンマッドコンディションをものともせず力強い走りをみせるコンプトン
日本の第一人者として、コンプトンを追い上げ2位に入った豊岡英子日本の第一人者として、コンプトンを追い上げ2位に入った豊岡英子
圧巻の走りでエリート女子を制したケイティ・コンプトン圧巻の走りでエリート女子を制したケイティ・コンプトン

エリート女子(Women’s L1)結果
1 ケイティ・コンプトン(アメリカ、トレック シクロクロスコレクティブ) 37分28秒
2 豊岡英子(パナソニックレディース) +1分28秒
3 宮内佐季子(チーム チェーンリング) +1分秒54秒
4 ウェンディ・シムズ(カナダ、コナ シクロクロスチーム) +2分8秒
5 ライン・べセット(カナダ、キャノンデールpb) +3分52秒
6 坂口聖香(パナソニックレディース) +5分27秒

◇           ◇

 エリート男子はスタート直後に飛び出したマクドナルドが早くもリードを広げ、他の追随を許さず完全勝利を飾った。日本チャンピオンの竹之内は中盤でバリー・ウィックス(アメリカ、コナシクロクロスチーム)と激しい2位争いを展開。地力に勝る竹之内がライバルを引き離して2位でフィニッシュした。

スタート直後、マクドナルドを追う竹之内悠スタート直後、マクドナルドを追う竹之内悠
シケインを越えるザック・マクドナルド。序盤から独走に持ち込んだシケインを越えるザック・マクドナルド。序盤から独走に持ち込んだ

エリート男子結果
1 ザック・マクドナルド(アメリカ、チーム ラファ・フォーカス) 54分40秒
2 竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ) +37秒
3 バリー・ウィックス(アメリカ、コナシクロクロスチーム) +2分27秒
4 山本和弘(Cプロジェクト) -1LAP
5 沢田時(ブリヂストンアンカー) -1LAP
6 門田基志(チーム ジャイアント) -1LAP

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載